無防備すぎる“位置バレ女子”の恐ろしい実態

2015年06月08日 06時00分

“位置バレ女子”という言葉をご存じだろうか。メッセンジャーやフェイスブックなど、スマホで使用するSNSの位置情報がオンになっているために、地図とともに現在位置が第三者から丸見えになっている無防備すぎる少女が多いという。犯罪も誘発しかねない恐ろしい実態に迫った。

「フェイスブックなどのSNSの位置情報がオンになっている若い女の子がいっぱいいる。地図を拡大すれば家の住所もバレバレで、航空写真で家の外観も見られてしまうんですよ」と40代前半のナンパ師のM氏は語る。

 ケータイ本体の位置情報とは別に、SNSの位置情報には、また設定が必要。初期設定のままでオフに切り替えていないと、不特定多数に自分の居場所を公開し続けているようなものだ。

「彼女たちが電車で移動すると、地図の路線上を位置表示が高速移動していくのも全部丸見え」(M氏)というから恐ろしい。

 M氏は“位置バレ”が犯罪に悪用される可能性を指摘する。「住所が分かるので、どんな女の子なのか陰からのぞいたり、表札を見て本名を確認したりもできますね。ストーカー気質の男であれば延々と後をつけたり、留守を狙って下着ドロもできる」

 実際に後をつけなくても常に、ターゲットがどこにいるのかオンラインで“尾行”できてしまうのだ。

「直メで『住所や学校も分かってるんだゾ』と脅して、ある程度言いなりにさせてエロ画像を送らせたり、やりたい放題するやからもいる」というM氏が10代の女子と実際にやりとりしたSNSの画像を見せてもらった。

「あなた、位置情報がオンになっているよ。××に住んでるのバレバレ」というM氏の指摘に「まじですかー?」などとその反応があまりに軽く心配になるが、M氏の目的はあくまでナンパ。

「あえて“位置バレ”させ信用させて仲良くなった子も多い。わざと『君の住所を知っちゃったから絵ハガキでも送ろうかな』なんて冗談めかして脅したりするんですよ」と悪びれもしないでナンパ手法を披露するM氏。

 自分の娘がこんなナンパ男の餌食になってたまるか!とお怒りのお父さんも無関係ではない。

「妻に浮気を疑われているような男性も要注意ですよ。知らない間に妻が勝手に位置情報をオンにして泳がせているなんてこともある」(M氏)

 アナタももう一度、SNSの位置情報を見直してみたほうがよいかもしれない。