山田太郎デジタル政務官事務所 1分で将来の年金支給額を算出する〝シミュレーター〟を公開

2022年01月06日 21時06分

「山田太郎の年金シミュレーション」トップ画面(東スポWeb)
「山田太郎の年金シミュレーション」トップ画面(東スポWeb)

 自民党の山田太郎デジタル大臣政務官(54)事務所は6日、自分の老後に毎月いくら年金を受け取れるか簡単に算出する「山田太郎の年金シミュレーション」β版を公開した。

 年金額をシミュレーションするサービスは世の中に数多くあるが、山田事務所がフォーカスしたのは手軽さだ。「誰でも1分以内で年金がいくらもらえるかを算出し、年金についてわかりやすく解説(年金の種類/離婚した場合の年金額/学生・失業中などの保険料について等)。マクロ経済スライドおよび再評価率も反映しています」と担当者は話す。

 公的年金制度に対する信頼が揺らいでいることから取り組みが始まった。

「『若い世代は年金はもらえなんじゃないか?』『将来の生活設計を考えたい』『様々な雇用形態を見据えて年金金額を知りたい』『スマホで簡単に結果が知りたい』『離婚後の年金はどうなるの?』と、若い世代からは年金に関する疑問や不安が多数寄せられます。将来の年金を可視化することで、若者の将来不安を払拭したいという思いから開発した」

 使い方は簡単。最初の画面で①基礎情報を入力(年齢・性別)。②雇用形態(第1・2・3号被保険者)、未納期間の選択、③年収を入力(将来の年収は、平均年収の推移に基づいて自動的に反映、離婚した場合の年金額も算出可能)と続けていくとあっという④結果表示(に月額の年金受給額、納めた額が全て戻ってくる年齢、国民年金・厚労年金の内訳、受給開始年齢は60歳と70歳の2パターンを表示)。この結果をTwitterやLINEでシェアすることもできる。

関連タグ: