理研新理事長が断言「宇宙人と交流する時代が来る」

2015年04月03日 08時00分

 小保方晴子元研究員(31)の“STAP細胞問題”が大騒動に発展した理化学研究所の新理事長に京都大学前総長・松本紘氏(72)が就任し、1日、都内で記者会見を行った。前任の野依良治氏(76)が「剛」なら、松本氏は「柔」。オカルト信者では決してないが、地球外生命体の存在も肯定する懐の深さで知られる。本紙記者にも「いずれ地球人と宇宙人が交流する時代がやって来る」と真顔で力説した。

 STAP問題で権威が失墜した理研の立て直しを任された松本氏は、電磁波研究の第一人者として知られ、2008年10月から昨年9月まで京都大学の総長を務めた。在任中は学生が活発な研究を行えるよう環境づくりに尽力。本人いわく「総長として大小200個くらいの改革をやった」という。

 組織改革にはまさにうってつけの人物。STAP問題に代表される不正の再発防止は当然として、会見で強調したのは「研究員の自由で豊かな発想力を決して阻害しないこと」。

 一連の騒動で世間の厳しい目が理研に向けられているが、日本の科学界の発展には若手研究員の豊かな発想が必要不可欠という考えだ。

 事実、松本氏自らがそれを実践している。今年初めに開催された「宇宙にひろがる人類文明の未来」と題されたシンポジウムで、同氏は「古代宇宙飛行士説」に言及。これは太古の神々=宇宙人と捉え、人類の繁栄・進化に高度な文明を持つ宇宙人が関係していたのでは?というものだ。

 松本氏は科学者として「そうした可能性も排除できない。完全に否定できない」と語っていたという。関係者も「先生は決してオカルト信者なわけではない。ただ、科学的に説明できないものがあることも理解している。物事を科学的に結論付ける人が多いなか、先生は柔軟な発想の持ち主だと思う」と語る。

 ならば…と本紙記者は会見後の松本氏を直撃。UFOや宇宙人について聞いたところ、こんな答えが返ってきた。

「正直、UFOには興味がないですが、将来的に地球以外の惑星の生命体と地球人が交流する日は来ると思います」

 記者が「えっ!!」と声を上げると、松本氏はこう続けた。

「別に驚くことではないんですよ。地球以外の生命体に対する調査は、国家レベルで行われている。途方もない数の星があるのですから、地球と同じような星はあるはず。そこと交流できてもおかしいことではない」

 事実、ここ数年で太陽系外で地球と似た環境を持つと見られる惑星が次々と発見されている。それらを踏まえ、同氏は科学的に分析したのだろう。

 一部で「瞬間湯沸かし器」とやゆされた前任の野依氏が「剛」なら、松本氏は「柔」のイメージ。趣味は卓球やゴルフ、草野球に少林寺拳法と幅広い松本氏は「体を動かすのが好きで、何でもやるけど全部下手」と笑う。

 松本氏がどのように理研を“復活”させるのか。その手腕に注目が集まる。

ピックアップ