2000万円収入の副業で自衛官処分 人生相談で情報漏洩リスクも

2015年02月28日 11時00分

 航空自衛隊浜松基地は26日、自衛隊法に違反して副業で人生相談をしていたとして、同基地第2術科学校所属の50代男性空曹長を停職40日の懲戒処分にした。これまでに計約2000万円の報酬を得ていたという。

 同法62条1項の「営利企業を営んではならない」に違反する。浜松基地によると、匿名の投書で発覚。確認した上司に対して相談の事実を認めた。昨年8月に書類送検(後に不起訴処分)となっている。空曹長は「部隊に迷惑をかけた」と話しているという。

 相談代は1件につき3000円で、約100人の相談に乗ったという。

 内容は、人間関係から、仕事や体の悩みまで様々だった。「借金の返済など金銭的に困窮していた。悩める人の役に立ちたい」というのが手を出した動機だった。副業は1999年から始め、口コミのほか、2006年からはネット上にホームページも開設して相談者を集めていた。
「身分は明かしていない。自宅で話を聞いていた」と話しているという。

 空曹長は同校で、教育業務の事務手続きを担当。身分を明かさずに相談に乗っていたとしても、身元の不確かな不特定多数の人間を自宅に招いていれば、自衛隊ならではのトラブルが起きる可能性もあった。

 ある自衛隊員は「情報の漏洩はどこで起こるかわからない。警戒されているのはハニートラップだが、最近では外国人女性と結婚する隊員が増えている」と現状を語る。

 特に顕著なのは中国人女性との結婚だそうだ。

「嫁の中国の実家が金持ちなことが多くて、隊員は“逆タマ”に乗れる。恋愛は自由だけど、日本とあつれきのある国の人間との結婚は…。情報入手目的で近づいてくる外国人女性の存在は確かだ」(同)

 空曹長が相談を受ける中で自衛隊の機密を漏らしたことはなさそうだが、どんなルートで漏れるかわからない。