ヘアヌード写真も撮っていた美女殺人者

2015年02月06日 09時00分

 同居していた交際相手をメッタ刺ししたうえ金属バットでタコ殴りして殺害したとして、殺人の疑いで逮捕された無職の菊池あずは容疑者(28)。“元男疑惑”まで出ている菊池容疑者が着エロDVDに出演していたことは本紙昨報だが、実は水面下でヘアヌード写真も撮っていた。

 菊池容疑者は2013年4月、「峰あずは」名義で着エロDVD「月刊 隆行通信LQ13」に出演したが、そこからさかのぼること3年前、極秘にヘアヌード写真を撮影していた。撮影をプロデュースした芸能事務所「Zプロモーション」宮西渡社長は「撮影したのは2010年8月8日。彼女が芸能活動に興味があるということで、とりあえず写真を撮ってみようということになった。本人が『ヌードでもセクシーでも撮りたい。自分の体を残しておきたい』と言ったから、服を着たものから水着、ヘアヌードまで撮った」と語る。菊池容疑者は背が高いことから、モデル業に興味を持っていたようだ。「モデルをやりたいと言っていた。半分銀座、半分モデルでやりたいと言っていた。それこそ変な話だけど、いい男をつかまえて店をやりたいとも言っていた」と宮西社長。

 プロモーション用の写真を撮ったものの、菊池容疑者がいまいち芸能活動に積極的ではなかったため、この話は立ち消えになったという。それから別の事務所で着エロDVDをリリースしたというわけだ。ちなみに宮西社長は先月中旬、菊池容疑者と電話で話した。その中で「今はちょっと男のことでトラブってるけど、また2月から銀座で働こうと思う」と話したという。だが、トラブルは解決どころか殺人という最悪の結末となり、菊池容疑者が再び銀座に姿を見せることはなかった。