小保方氏ついにギブアップ 21日付で理研退職

2014年12月19日 18時21分

理研の会見で発表された小保方氏(顔写真)のコメント

 魂の限界! 小保方晴子氏(31)がついにギブアップだ。

 

 理化学研究所は19日、都内で会見を行い、小保方氏が21日付で退職することを明らかにした。

 

「夢の万能細胞」と呼ばれたSTAP細胞に疑義が生じてから10か月余り。小保方氏は9月から先月末まで再現実験を行ってきたが、期限内に立証することはできなかった。実験では緑色蛍光を発光する細胞塊は確認できたものの、それらは万能性を有する条件を満たしていなかった。

 

 4月の会見で小保方氏は「200回以上成功してます」と話していたが、単なる蛍光発光をカウントしていた可能性もある。小保方氏の言う生成の“コツ”についても、相澤慎一特別顧問は「明らかになっていない」と首をかしげるばかりだ。

 

 再現実験を終えた小保方氏は15日、勤務する神戸の事業所長に退職届を直接提出し、受理された。任期職員のため、退職金は支給されない。

 

 小保方氏はこの日、マスコミ各社に配られた書面で、一連の騒動を謝罪した上で「どのような状況下であっても必ず十分な結果をと思い必死に過ごした3カ月でした。予想をはるかに超えた制約の中での作業となり、細かな条件を検討できなかったことなどが悔やまれますが、与えられた環境の中では魂の限界まで取り組み、今はただ疲れ切り、このような結果に留まってしまったことに大変困惑しております」とコメントした。

 

 実験中、小保方氏の隣には立ち会い人が張り付き、モニター2台で常時監視。モノの出し入れも記録され、生成した細胞塊の解析は別の研究員が行うことを義務付けられた。コメント内の「予想をはるかに超えた制約」とは、それを指すと見られる。

 

 これには相澤氏も感情を抑え切れなかったのか、会見終了後、再びマイクを握り「犯罪者扱いするような検証は科学にはあってはならない! 責任者としてお詫びしたい!」と強い口調で語った。

 

 小保方氏は現在も精神的に強いショック状態にあり、今後の進路については「わからない」(理研職員)。退職したとはいえ、懲戒委員会が今後処分を科す可能性もあるという。