【東京五輪】国民民主党・玉木雄一郎代表が開会の談話発表

2021年07月23日 00時00分

玉木雄一郎氏

 国民民主党の玉木雄一郎代表(52)は23日、東京五輪・パラリンピック開会に当たって談話を発表した。以下、全文。

 本日より東京オリンピックが開会されます。選手の方々は、この大舞台のために、懸命に努力をされてきたと思います。コロナ禍で1年延期された大会となり、かつ無観客となったことで、複雑な思いを抱えている選手も多いとは思いますが、最大限のパフォーマンスを発揮されることを期待しています。

 一方、東京を中心に新型コロナウイルスの感染が再び拡大し、国民の安全・安心が脅かされています。国民が安心して心から選手の皆さんを応援できる環境を作るためにも、政府には感染対策の徹底と水際対策の強化が必要です。また、いざという時の備えのために、医療提供体制の充実と保健所機能の強化も求めます。

 五輪開催中の不測の事態に備えるためにも、速やかに臨時国会を開催し、補正予算の編成や必要な法改正を行うことを、改めて政府に求めます。

 国民民主党は、感染拡大防止と経済社会活動との両立を実現するため、ワクチンの接種と検査の陰性を証明するデジタル健康証明書の発行や万全の休業補償など、引き続き、必要な政策提案を行っていきます。

【関連記事】

関連タグ: