歌舞伎町風俗が移転!? 衝撃情報を追跡

2014年11月11日 07時00分

変わりつつある歌舞伎町
首都東京の都庁が置かれる新宿区の区長選が9日に行われ、自民、公明推薦の元都議吉住健一氏(42=無新)が、共産推薦の弁護士岸松江氏(52=無新)を破り初当選した。東洋一の歓楽街と呼ばれたこともある歌舞伎町を抱える新宿区。その歌舞伎町の風俗がゲイの街として有名な新宿2丁目に移転するという。いったい、どういうことなのか。

 

 

 新しい新宿区長となった吉住氏は前任の中山弘子氏の後任候補として、区内で広く顔を売っていた。

 新宿区民は「神社での大きなお祭りはもちろん、数十人しか集まらない町内会のイベントにも中山氏に付き添われた吉住氏がマメに顔を出していました。中山区長が吉住氏を後継者指名したため、ライバルはいないようなものでした」と語る。

 中山氏は“女性目線”でわい雑な歌舞伎町をクリーン化してきた。新宿区役所内に「歌舞伎町ルネッサンス推進協議会」を設置し、違法風俗店などを規制する「クリーンプロジェクト」を推進してきた実績がある。もちろん、吉住氏もその路線だ。

 風俗業界関係者がため息をつく。

「歌舞伎町の風俗が新宿2丁目に移転するって話を聞いたんですよ。五輪前に浄化しようというんですね。移転って簡単に言うけど、一旦移転したらもう戻ってこれないですよ。どうなっちゃうんだろう」