「サンゴ密漁」日本が弱腰な背景

2014年11月06日 11時00分

 小笠原諸島や伊豆諸島で、中国船によるアカサンゴの密漁が横行している。周辺では200隻以上が確認され、海上保安庁は取り締まりを強化しているというものの、一向に数が減る気配はない。それどころか密漁船に対し、厳罰で臨めない日本政府や海保の弱みも透けて見えてくる。さらに密漁船が小笠原諸島に、大挙上陸してくる事態も懸念され始めた。

 小笠原諸島周辺が、中国船による空前のゴールドラッシュの舞台になっている。アカサンゴなどの中国や台湾で「宝石サンゴ」といわれる希少種は、金よりも高値で取引されることもある。

 4年前に中国では捕獲を禁止する法律が制定され、目をつけられたのが日本産だ。船の購入や装備・燃料代に数千万円をかけても宝石サンゴを持ち帰れば、数千万円~十数億円もの収入が見込めるとあって、一獲千金を夢見て、小笠原諸島沖に中国船が押しかけているのだ。

 日本領海内や排他的経済水域内での外国船の漁は違法で、取り締まりの対象になる。海保は先月以降、中国人船長5人を逮捕したが、手当たり次第に密漁船を逮捕するわけにもいかない事情がある。

 軍事評論家の神浦元彰氏は「逮捕し、小笠原から横浜まで連行するのに逃げないようロープで縛り付けて、えい航すれば片道4~5日かかる。その間、1隻分の警備が手薄になり、時間がもったいない。父島に出張所を設置し、そこで作業できるようにすれば時間短縮できる」と指摘する。

 逮捕されても罰金は最大1000万円で、中国船は巡視船が近づけば、いったん逃げ出し、また違う場所で密漁を働く、いたちごっこが続く。

 海保は尖閣諸島に続き、小笠原諸島で中国とのトラブルの種が生まれ、さぞかし頭が痛いかと思いきや、「警備強化のために飛行機や巡視船、巡視艇を増強する必要が出てくるから予算がつく。内心は喜んでいる」(神浦氏)という。

 日本政府が強気に出られないわけもある。10日から中国・北京で開催されるAPEC(アジア太平洋経済協力会議)で、安倍晋三首相(60)と習近平国家主席(61)との初の首脳会談実現が有力視されている。

 永田町関係者は「福田康夫元首相(78)や二階俊博総務会長(75)が下交渉を重ね、ようやく実現にこぎつける。サンゴ問題は、外交ルートで中国に抗議しているというが形式的なものにすぎない。少なくとも日中首脳会談が終わるまでは、事を荒立たせたくないのが実情です」と明かす。

 自衛隊派遣の強硬策などは、もってのほかだという。

「中国船が武装して、海保に襲いかかってくるようなら過去2回発令がある自衛隊の海上警備行動を検討すべきでしょうが、現状では万引き犯や空き巣犯に戦車を出動させるようなもの。首脳会談でもサンゴ問題は話題にならない」(神浦氏)

 一方で、事態が大きく変わる可能性もある。大型の台風20号が日本列島に接近中で、7日には小笠原諸島周辺を直撃する可能性があり、密漁船はサンゴ狩りを続けるわけにはいかない。クモの子を散らすように中国へ退散すれば、まさに“神風”が吹いたと言えそう。

 もっとも、ツラの皮が厚い密漁船はこの期に及んで、保護を求めてくる可能性がある。「台風を避けるために南へ逃げるかもしれないが、ギリギリまで居座って、日中漁業協定に基づき、父島の二見港に緊急避難で入港してくるかもしれない」(神浦氏)。そのまま居座ることはなさそうだが、日本側がお人よし過ぎる対応を続ければ、密漁船は増えていくことになる。