五輪開催も夢じゃない!? 50秒で〝コロナ感染リスク〟を検査できる機械が日本上陸

2021年03月04日 11時30分

世界中でワクチン接種が進んでいるが…(ロイター)

 わずか50秒で新型コロナウイルスの感染リスクを検査することができるという「Virion Test(ヴィリオンテスト)」が日本で販売されることになった。3日、同製品の発表会が都内で行われた。

 イスラエルに本社を置くKidod Science&Technologies Ltd.が開発したヴィリオンテストは、唾液中のポリアミンを検出する検査方法によって新型コロナの感染のリスクを調べることができるという。

 同社開発責任者のロシェ・ゴーラン氏は「我が社の製品があれば東京五輪の開催も夢ではない」と語る。

 ただ、同機械は感染の可能性がある人を見つけるためのものであるため、反応が出た場合は保健所の指示に従い、正式な検査や診察を受ける必要がある。

 今月末から同機械を輸入して販売やレンタルを行う(株)リライアントラボの柳平大輔代表取締役は「この製品の輸入販売によって医療関係者の助けになり、医療現場の負担を少しでも軽減できれば」と話した。

 現在は厚労省の許認可は得ておらず、今月中に申請予定。承認されれば、医療機器として病院で使用できるようになるという。販売やレンタルの価格は未定だが、一般人でも購入することができる。飲食店やイベント会場に設置すれば来客一人ひとりに検査を行い、その場で感染リスクの高い人を見つけることができるという。