北朝鮮No.2崔氏にSEX三昧で処分の過去

2014年04月15日 11時00分

 北朝鮮の国会に当たる最高人民会議で国防委員長に再任された金正恩第1書記に次ぐ“ナンバー2”に就任した国防副委員長の崔竜海(チェ・ヨンヘ)氏について「下半身の失敗」が話題を集めている。平壌情勢に詳しい関係者によると、崔氏は処刑された張成沢(チャン・ソンテク)氏の処遇をどうするかで悩んでいた正恩氏の背中を押した人物とされる。崔氏は父親が正恩氏の祖父・金日成氏と一緒に戦争を戦った英雄だったことで、北朝鮮社会の中でエリート層で育ち、子供のころから不自由なく育った。


 若いころ、将来の朝鮮人民軍のエリート幹部として大きな期待が持たれた崔氏だったが、下半身の事情が北朝鮮の幹部たちにバレてしまい、これまで何度も処分される苦い経験をしたという。


「崔氏は若いころ、北朝鮮幹部が通う秘密パーティーの常連として知られていました。このパーティーは有名な音楽団の歌手や女優を集めて行われていた。“喜び組”みたいなものです。崔氏はこのセックスざんまいが、当時の金正日総書記に知られて大激怒された。処刑は逃れましたが、地方の工場勤務を命じられた過去があります」(平壌情勢に詳しい関係者)


 日米韓は連携して北朝鮮に核実験の中止を強く訴えかけているが、この崔氏の国防副委員長就任の祝砲として、北朝鮮は17日までに長距離ミサイル発射を予告している。


「秘密パーティーに参加するとき、相手の女性に歯を抜かせ、フェラチオの際に歯が当たらないようにしたとか。保守的な人物として国内では評価されているようですが、こんな国防幹部が今後もミサイルを発射させるのです」(同)。北朝鮮の暴走はまだまだ続きそうだ。