「淫行逮捕」AV男優は年収3000万円?

2014年04月09日 20時00分

新宿2丁目のゲイバー「コレステロール」で取材を受けたタクヤ氏

 女子中学生とみだらな行為をしたとして、東京都新宿区の人気AV男優沢井亮容疑者(34)が7日、埼玉県青少年健全育成条例違反(淫行)の疑いで栃木県警宇都宮東署に逮捕された。業界ではひっぱりだこの人気者で、最近はテレビに出演したことから一般的にも知名度が高まっていた。そんな沢井容疑者と番組で共演した“ゲイ界のアイドル”コレステロール・タクヤ氏(年齢非公表)が、本紙の取材に怒りをぶちまけた。

 

活動再開する元人気AV女優のすごいバック

 

 沢井容疑者の逮捕容疑は、2月23日昼過ぎから翌日までの半日にわたり、さいたま市のラブホテルで栃木県央在住の中学3年生女子(15)が18歳未満であることを知りながらみだらな行為をした疑い。容疑を認めているという沢井容疑者は、通話アプリ「LINE」の複数の掲示板に自身のIDを掲載していた。昨年末、女子が連絡を取ったことで知り合った。家出をして捜索願が出ていた女子の帰宅後、同署が聴取したところ、沢井容疑者の名前が浮上した。

 一緒に仕事したこともあるAV関係者は「男優のベスト15に入る稼ぎ頭。若くて見た目もいいし元気もある。アナル(ファック)もできてNGが少ないからよく現場に呼ばれていた」と話す。驚くべきは収入だ。

「ギャラは1現場で5万円。いつも1日で2現場はこなしていた。月に50~70の現場に呼ばれていたから年収は3000万円を超えてる」(前同)

 本人も「タクシー代だけで高級車1台買える」と周囲に自慢していた。住んでいる高層住宅は旧フジテレビ社屋の跡地。良い暮らしをしていたようだ。

 撮影現場では「細かい演技は苦手だけど、自由にやらせるとダイナミック」(前出関係者)と高評価を受けていた。通常時20センチはある巨根が武器で、「よく中折れするけど、あまりにデカいから萎えても抜き差ししているように見える。撮影を中断することがない」(前同)。数年前に人気AV女優Hと結婚(すでに離婚)。「女優に手を出す悪い評判もあった」とは別のAV関係者だ。そんな沢井容疑者が、昨年7月放送のBSスカパー!「徳井義実のチャックおろさせて~や」内の企画「ぽこ×たて 絶対イカない男VS絶対イカせる男」への出演で世間的にも知名度を高めた。

 新宿2丁目のゲイバー「コレステロール」のママ、タクヤ氏の超絶フェラで“絶対イカない男”沢井容疑者がイカされてしまったのだ。

 企画の鮮烈なおもしろさが人々の心をとらえたことでタクヤ氏も、最終奥義「のど輪締め」を再現したオナホールが発売されたり、中国や台湾でも人気を博すなどワールド級の存在になった。

 そんなタクヤ氏が本紙に心境を語ってくれた。「本当に残念。『ぽこ×たて』で共演してから、店にもAV男優のお友達を連れて何回か来てくれたのに…」

 コンビ人気も高まり、先月29日には富山県のバー「バナナの恩返し」でトークショーも開催。だが、そこで2人の間に溝が生まれた。

 ステージ上で泥酔した沢井容疑者はろくに話もできない状態になったのだ。「『仕事でやってるんだから、ちゃんとしましょう!』って舞台裏で怒ったのよ。それから連絡がなくなった。私の店では『タクヤさんのおかげで街中でも声をかけられるようになりました』って感謝してくれたんだけどね」

 タクヤ氏の口からは「ぽこ×たて」の裏話も明かされた。「撮影の日が初対面よ。ヤラセはなくて完全にガチ。沢井さんから『がっつり来てください』って言われたわ」。口に含んだ巨根は「ドス黒くて、かわいげのないチンポだった。量は少なかったわね」。

 実は「ぽこ×たて」での再共演も企画されていたが、実現は困難と言わざるをえない。「こんな悪いことをしたんだから“締め”落とすわよ!」と怒りを見せるタクヤ氏だが、その一方で「差し入れに私のオナホール持っていこうかしら」「釈放されてたまってたら、子供に手を出す前に私のところに来なさい!」と包容力の深さも見せた。