都市封鎖の北朝鮮でワクチン開発を宣言した狙い

2020年07月27日 14時00分

 コロナ疑い初認定例が出た北朝鮮で、非常事態宣言を行った金正恩氏が示したワクチン開発参戦への意向は本当か。

 朝鮮中央通信は26日、南西部開城市で新型コロナ感染が疑われる事例が発生し、同市が24日午後から完全封鎖されたと伝えた。感染が疑われているのは、南北の軍事境界線を越えて韓国から戻った脱北者だとしている。北朝鮮による国内での感染疑い認定と都市封鎖発表は初。朝鮮労働党政治局は25日、平壌で非常拡大会議を緊急招集。金正恩党委員長は非常事態を宣言し対策を指示した。

 感染が疑われている人物は3年前に韓国へ脱出後、今月19日、違法に軍事境界線を越えて開城市に入ったとしている。上気道の分泌物と血液の検査を複数回行い、感染が疑われる結果が出た。封鎖までの5日間にこの人物と接触した人や、開城市を経由した人を徹底的に調査、隔離措置を取ったという。

 一方、正恩氏はワクチンの開発レースに参戦の意向を示している。正恩氏の指示を受けた国家科学技術委員は18日、ホームページに「新型コロナは宿主(ヒト)細胞に侵入する際に使われる酸素を活用している。ウイルスの突起部分のタンパク質の遺伝子配列に基づくワクチンを作っている」と掲載。北朝鮮の医療水準は不明な点が多いことで知られる。

 日本政府関係者は「国内と日米韓に対しての話題作りでしょう。開発に必要な予算が発表されていないのは不可解。ワクチン開発宣言の狙いは、各国から医療支援を受けたいということではないか」と分析する。

 世界の新型コロナワクチン開発は、現在140種類以上が臨床試験前の段階で、23種類が同試験の段階に入っている。

 世界保健機関(WHO)の発表では、北朝鮮の人口(2500万人)のうち、これまでにPCR検査を受けた人数は922人。一時、2万人以上の市民を隔離したが、現在は1割程度の隔離者に抑えられているという。

「実際は1万人以上の感染者が出ている可能性がある。中国やロシアに出稼ぎに出ている市民が大勢いて、移動が激しい。正恩氏は中国との国境を封鎖したが、市民の移動を封じ込めることはできない」と同関係者はみている。