経済活動再開も苦境続く観光業界 アフターコロナの戦略は?

2020年06月02日 16時15分

 緊急事態宣言が解除され、経済活動が再開されても観光業界は厳しい状況が続く。

 新型コロナウイルスの影響で旅館やホテルの倒産が相次いでいる。海外からの旅行客が大幅に減ったことなどによって経営難に陥り、倒産したホテルや旅館が多い。

 株式会社観光ビジネスコンサルタンツ代表取締役社長の西川丈次氏はこう分析する。

「それぞれの事情はあると思いますが、一般的に考えられることとしては、インバウンドバブルとされる海外からのお客さまに頼りすぎていた面が一つ考えられます。期待から過度な投資をしたところもあるでしょうが、インバウンド客に頼るがために、日本人観光客から敬遠されたところもあります。また、営業が海外客に集中して、国内集客が弱くなっていたので、現状、新型コロナ終息後の集客が期待できない状態にあるところもあります」

 倒産した宿泊施設には、地方の老舗ホテルや旅館が多い。

 その背景を西川氏は「後継者がいなくて、これまで経験したことのない経営難に廃業を決めたところもあると思います。もともと旅館業は多くの規制があり、例えば耐震などもそうですが、これまでにかなりの投資を続けてきています。これ以上、融資を受けても返済のめどが立たないところも多かったのではないでしょうか」と話す。

 また、今後、ホテルや旅館が営業する上で大切なのは「連絡しても嫌がられないようなコアなお客さまをリピーターとして持つこと」だという。

「そういったお客さま方からの励ましの声などが企業にとって、がんばる原動力になっているからです。今後は苦しい時に声をかけて下さるお客さまに来館いただいた時、いい関係性を築いていけるような経営に力を入れるべきと考えます」(西川氏)

 苦しい状況でも、励まし合うことが、地元企業を支えることにつながる。