〝伝説のキノコ〟実はオナホール

2012年06月23日 18時00分

 中国・西安市のテレビ局、西安電視台が17日のニュース番組で、農家の井戸から〝伝説のキノコ〟が発見されたと大々的に報道。現場に派遣された美人リポーターは、秦の始皇帝が求めた不老不死の秘薬の原材料「肉霊芝」ではないかと伝えた。ところがコレ、愛用者なら誰もが一目で分かるオナホールだった!

 

 同局の報道番組「西安零距離」は先日、地元の村人から仰天情報を入手し、さっそく段青という若い女性リポーターを現地に派遣。段リポーターは発見現場から興奮した口調でこう伝えた。「農家の男性が水が枯れてきた井戸を深くするため、再度掘ろうとしていました。すると地下80メートルの井戸の底から不思議な物体が出てきたそうです。緊急リポートします」

 

 村人たちは不思議な物体を手にして一様に「これ何?」とアタマをひねったが正体は不明。長老に見せても「分からない」とのこと。そこで、テレビ局に調査取材を依頼した。

 

 段リポーターは「長さは19センチ。両端がキノコの傘のようになっていて、穴があります。手触りは肉のような感触です。これは1000年に一度、西安秦嶺の土中から現れる伝説の太歳かもしれません。太歳は別名として〝肉霊芝〟とも呼ばれています」と真剣な表情で解説した。

 

 また、中国で16世紀に出版された薬草辞典「本草綱目」を引用し、「太歳とは、土の中からまれに発見される肉塊のような謎の生物で、秦の始皇帝が探し求めた不老不死の薬のもととなるものです」とも説明。「明日、専門家が鑑定する予定です」と2分間ほどの現地リポートを締めくくった。

 

 その間、カメラは水を張ったバケツにぷかぷか浮く物体を捉え、〝キノコの傘〟にぱっくり開いた穴のクローズアップを映し出した。

 

 ところがコレ、大概の男なら一度は目にしたことのあるオナホールそのもの。中国版ツイッター「微博(ウェイボー)」の西安電視台の掲示板には、視聴者から「バカだろ!」「ゴム製の自慰器具だよ」などの書き込みが殺到し炎上した。このニュース映像はユーチューブなどの動画共有サイトにも転載され、世界中から大反響を呼んでいる。

 

 赤っ恥の西安電視台は「リポーターが若く、知識がなかった。申し訳ありません」と謝罪した。村人も段リポーターもウブすぎたようだ。

 

 ☆【太歳(たいさい)とは】中国で古くから伝えられている不老不死の薬、もしくはその原材料となるもの。「史記」には始皇帝が探し求めたとの記述があるという。中国ではこれまで「太歳ではないか」とされるものが何度か発見されており、その都度、調査・研究されているが、いまだに特定されていない。

 太歳の特徴の一つに自然治癒力があり、傷をつけてもすぐに治るといわれる。2005年に発見された「太歳」については、中山大学生命研究所による調査で、水をかけると吸収することが明らかになった。一部の研究者は「太歳は白亜紀に発生した現存する生物の中で最古の生命体。全ての生命体の祖先」としている。

 また、別の研究者は「変形菌の一種で、変形体と呼ばれる栄養体が移動しつつ微生物などを摂食する動物的性質を持ちながら、胞子により繁殖する植物的・菌類的性質を併せ持った生物」としている。別名「肉霊芝(肉万年茸)」。