コロナ感染ジョンソン英首相の容体急変 入院から1日で集中治療室へ

2020年04月07日 11時25分

ジョンソン英首相(ロイター)

 英首相官邸の報道官は6日声明を発表し、新型コロナウイルス感染が確認され、5日に入院したボリス・ジョンソン首相(55)が集中治療室に移されたと明らかにした。ジョンソン氏の容体が6日午後から「悪化」したため、医師の勧めで移ることを決めた。ラーブ外相が必要に応じて代行を務める。

 ジョンソン氏は入院後にツイッター投稿で「私は元気だ」と発信したばかりだった。側近らと連絡を取り、感染対策の指揮を執っていると強調。政府の感染症対策への影響は避けられないとの見方も出ているが、求心力をアピールした。それからの急変は、容体が一気に悪化するケースが少なくない新型コロナの恐ろしさを改めてうかがわせる。

 英メディアがジョンソン氏の入院を速報したのは5日夜。医師の勧めに従った「予防的措置」と強調しているが、自主隔離中も顔色はさえず、政権中枢への感染拡大の懸念も強まっている。

 ジョンソン氏入院の判明に先立ち、国民に団結を呼び掛けるエリザベス女王(93)の特別演説がテレビ放映された。トランプ米大統領は5日の記者会見でジョンソン氏について「友人であり偉大な指導者だ。回復を祈っている」とエールを送った。

 ジョンソン氏は3月27日に感染を公表、先進7か国(G7)首脳で感染が判明した初めてのケースとなった。25日には下院討論で野党党首らと向かい合っていた。英紙タイムズによると、隔離中もテレビ会議機能などを使って指揮してきたが、せき込みがちでつらそうな様子だったという。