コロナ自粛ムードで死活問題の風俗界にチン現象 マスクしたままプレーする客も

2020年03月26日 16時00分

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、閑古鳥が鳴いているのが風俗街だ。本紙では500円サービスを始めたヘルス店を紹介したが、同じように“コロナ割”で料金を下げて集客に励む店舗が出現。世間では「不要不急の外出は控えるように」との自粛ムードが漂っているものの、風俗嬢にしてみれば出勤しなければ死活問題、マニアたちも長い間はジッとはしていられない。だからこそ対策を講じてはいるが、中には真面目すぎるゆえに、笑ってしまうものもある――。

 風俗情報誌「俺の旅」の生駒明編集長は「コロナ騒動が始まってから業界は厳しくなりました。風俗嬢どころか、お店全体が“お茶をひいている”状況ですね」と言う。

 お茶をひくとは、茶の葉を石臼でひいて抹茶を作る暇があるほど客がつかないことを表す。芸者、遊女などの間で交わされた業界用語だ。

 だが「今、風俗に来る客は本指名ばかりです」(生駒氏)と常連が多いという現状はお客にはプラス面も。ヘルス嬢も「むしろ、今なら客が少なくて待ち時間がないということで常連さんは喜んでいるくらいなんです」と明かした。

 基本的な対策は店側も徹底している。日頃から性病とは切っても切れない業種だけに、手洗いやうがいの意識は高い。さらに、風俗嬢やデリヘルドライバーの検温をしているとアピールする店も出てきた。

「中国・武漢に渡航歴のある人や外国人客を断るお店もあります」(同)

 もっとも、一番の懸念は濃厚接触だ。厚労省が示している濃厚接触の要素は、距離の近さと時間の長さ。両手を広げた距離(目安は2メートル)で一定時間以上接触があったら濃厚接触になるという。その点、ゼロ距離の風俗は間違いなく濃厚接触だから、客足が遠のくのも無理はない。

 とはいえ、風俗マニアにとっては性欲を満たすためにも風俗は必要不可欠。風俗嬢たちにとっても生活費を稼がないと暮らしていけない。「コロナが怖いから店を辞めます」と言える人ばかりではないからこそ、こんな妙な光景も見られるという。

「デリヘルでマスクをずっとしたままプレーした客がいたといいます。それだけコロナを恐れているのに、しっかり下半身は濃厚接触して帰ったというのだから、笑ってしまいます。また、風俗嬢の方でも『コロナが怖いからキスはNG』と言いながら、きっちりフェラはするという子もいます」(同)

 これで感染対策になっているかは疑問だが、そうまでしてプレーしたい願望は仕方ない。

 一方、生駒氏によると「コロナが怖くてピンサロに行けるか!」というノーガードのオジサンたちも存在するという。

 風呂やシャワーの設備があるソープやヘルスに比べ、もともと衛生面で劣るピンサロは「今さら気にしない」というわけだ。消毒をして対策をとる店舗もあるが、双方が気を使わねばならない点はある。

「風俗業界はガマンの時です。コロナ騒動は一過性のもので、ほかの感染症のようにいずれ落ち着くわけですよ。そのときこそ勝負です。客には性欲とお金をためて発散する機会を待っている人も多い。コロナが終息したらその分、はじけますよ」と生駒氏。

 そのときが来るまで、なんとか風俗店と風俗嬢には持ちこたえてもらいたい。