露店だけじゃない 危険なセルフ式ガソリンスタンド

2013年08月21日 16時00分

 京都・福知山の花火大会事故や4日の滋賀・東近江での消火訓練中の引火事故は、火気や燃料に対するあまりに軽率な扱いが招いたことは明白。この種の事故は人ごとではなく、身近に潜んでいる。


 福知山の事故では、ガソリン携行缶のフタを開ける際にガス抜きをしなかったため、気化したガソリンが屋台の火に引火したとみられる。また東近江の消火訓練ではオイルパンの火の勢いが弱いために消防団員がアルコールをつぎ足し、引火。10人がやけどする事故となった。


 元東京消防庁消防官で災害研究家の金子富夫氏は「ガス抜きや継ぎ足しをする際には、火を一度消してからというのは当たり前の話で、今回の2つの事故はお粗末としか言いようがない。当たり前のことが、おざなりになっている」とあきれるばかりだ。


 日常でも火気扱いに対する基本事項が徹底されていないというのが、セルフ式ガソリンスタンドだ。


 金子氏は「火気厳禁なのに静電気除去シートに触れない、エンジンを切らない、携帯電話を使いながら給油したりを見かける。給油の際もガソリンは目に見えないが、気化して出ており、大事故になりかねない」と指摘する。


 ガソリンスタンドには危険物取扱資格者が勤務しているが、人件費削減で1人勤務や夜間は立ち会わないことで危険行為も見過ごされる場面も多い。


「暑い、時間がないなどを理由にして、なあなあになっているのが一番怖い。事故が起きるのは当たり前と考え、何気ない普段の生活から危機管理の意識を持つべき」と金子氏は身の回りの火気や燃料の扱い方の見直しを力説した。