空自「航空宇宙自衛隊」に改称の思惑 地球防衛軍の結成近い?

2020年01月07日 08時30分

 人類にとって、喫緊の課題解決の糸口となるのか。政府は2023年度までに航空自衛隊を「航空宇宙自衛隊」に改称する方向で調整に入った。陸海空の3自衛隊の改称は1954年の自衛隊創設以来初となるが、なぜ変える必要があるのか。

 政府は一昨年に閣議決定した「防衛計画の大綱」で宇宙領域について「わが国としての優位性を獲得することが死活的に重要」と明記。防衛省は20年度に宇宙作戦隊を新設する。近年、宇宙空間には中国やロシアが積極的に進出している。人工衛星に接近し、攻撃する「キラー衛星」や衛星との通信を妨害する装置の開発に成功したとされる。

 中ロの動きに対し、トランプ米大統領は昨年12月、陸海空、海兵隊、沿岸警備隊に続く、6つ目の軍となる宇宙軍を発足させていた。

 UFO研究家の竹本良氏は日本の航空宇宙自衛隊への改称の動きをこう解説する。

「20年度に『宇宙作戦隊』新設の動きの中で、23年度までに自衛隊法改正を経て航空自衛隊を『航空宇宙自衛隊』に改称とはあまりに早い展開。米国が宇宙軍を発足したので、足並みを揃えた。これは日米同盟の米国側からの要請に応えるためと思う」

 米の宇宙軍や日本の宇宙作戦隊は表向きこそ中ロのキラー衛星による攻撃からの防衛、宇宙ゴミ対策と説明されるが、別の思惑が見え隠れするという。

「実際は数十機から1000機までのUFOフリート(艦隊)、1000機から1万機までのUFOアルメイダ(大艦隊)に応じるための宇宙人UFO対策と思われる。レーガン大統領時代の『スターウォーズ計画』同様、敵は中ロではなく、宇宙人です。ただ、日本人にとっては宇宙人は客人(まれびと)、あるいは八百万の神々。宇宙平和の航空宇宙自衛隊として機能してもらいたいものです」(竹本氏)

 地球防衛軍が結成される日も近い!?