「秘事」大嘗祭に反応様々 大麻解禁論者のあの元女優も“参戦”

2019年11月15日 16時00分

純白の祭服で大嘗宮の悠紀殿に向かわれる天皇陛下(宮内庁提供、ロイター)

 板挟みの皇室行事は、縮小を余儀なくされるのか。皇位継承の重要祭祀となる「大嘗祭(だいじょうさい)」の中心儀式「大嘗宮(だいじょうきゅう)の儀」が14日夜から15日朝にかけ、皇居で営まれた。儀式は大半が非公開で、「秘事」とされる。総額約24億4000万円の国費が投じられる式の在り方を巡っては、賛否が渦巻いたが反応もさまざまだ。

 大嘗祭は天皇代替わりに伴う祭祀で、一世に一度限り。7世紀後半の天武天皇、持統天皇のころに整備されたとされる。戦乱などの影響で、室町時代から江戸時代にかけて約220年間中断。天皇神格化を進めた明治期に大規模化した。

 皇居・東御苑に特設された大嘗宮で、公的な皇室行事として営まれた大嘗宮の儀は、14日夜の「悠紀殿供饌(ゆきでんきょうせん)の儀」と、15日未明の「主基殿供饌(すきでんきょうせん)の儀」がある。

 その内容は非公開で、天皇陛下が神前に飯や酒などを供え、御告文を読み、豊作などを祈念するというが、詳細は明かされていない。

 宮内庁は「皇祖神とされる天照大神(あまてらすおおみかみ)や全ての神々に新穀を供え、自らも食べることで、五穀豊穣に感謝し、国と国民の安寧を祈る」とだけ説明する。

 一方、宗教色が強いため、政教分離の原則に反するとの批判にもさらされた。

 神道形式の大嘗祭に対する公費支出を巡っては、1990年に催された前回から、憲法の政教分離原則に反するとの批判が根強いが、政府は令和の今回も公的性格を認め、費用は皇室の公的活動費「宮廷費」を充てた。

 昨年には秋篠宮さまが国費で賄うことに疑義を呈し、内廷費から支出すべきとの異例の発言が波紋を呼んだ。皇居の東御苑にはこの儀式のためだけに社殿が造られたが、職人不足や経費削減で、伝統的な茅葺き屋根から質素な板葺き屋根に。

 すると今度は皇室行事の歴史を重んじる保守派から「1300年の歴史が途切れた」とひんしゅくを買った。

 大嘗祭は午後6時半から午前3時過ぎまで、前出の2つの儀が行われ、その間、電気も使われず灯明だけ。河野太郎防衛相は出席前、ツイッターで「徹夜なので防寒にバリバリ着込んでいます」と書き込んだ。30年前の大嘗祭ではあり得なかった情報発信で、令和の時代ならではの光景だ。

 また大嘗祭では、大麻の話題まで出た。大麻解禁を訴える元女優・高樹沙耶こと益戸育江さんは大嘗祭で献上される麻織物が大麻であることを挙げ、「日本の皆様お忘れでしょうか? 大麻と深いつながりがある国であったこと」とツイートした。

 安倍昭恵首相夫人も益戸さん同様、神事で使われる大麻の規制は、日本の伝統文化を崩壊しかねないというのが持論だが「桜を見る会」の中止騒動もある中、さすがに式当日のタイミングで自説を訴えることはなかった。

 16、18日には、天皇皇后両陛下が参列者と酒食を共にする「大饗(だいきょう)の儀」が宮殿で催される。