15号通過後に埼玉で3千羽の死骸 19号でも注目される「スズメ大量死」

2019年10月12日 16時00分

 台風19号は鳥にも甚大な影響を与える可能性が指摘されている。

「実は今回の台風で、スズメが大量死するのではないかと心配されている。というのも長時間の暴風と大雨をもたらした台風15号通過後に、関東を中心に、数多くのスズメの死骸が発見されたんです。埼玉県の発表によれば、同県内だけで約3000羽の死骸が見つかっており、これ以外にも非公式に関東各所で数百羽単位の死骸を発見したという話が出ています」(関東在住の生物学者)

 死骸は路上に散乱しており、埼玉県は鳥インフルエンザの検査もしたというが、結果は陰性だった。タイミング的に台風の暴風や風雨により死んだ可能性が高いと見られており、人目につかず死んだ数も含めれば、さらに数倍のスズメが死んでいても不思議はないという。

「9~10月はヒナが巣立って、さほど時間がたっていない時期。適応力のない今年生まれのスズメが、多く犠牲になった可能性を指摘する声もある。地球温暖化で今後も巨大台風の上陸数が増えると見込まれており、毎年のように巣立ったばかりのヒナが死んでいけば、その地域のスズメの個体数は加速度的に減っていく」(前同)

 そもそも日本におけるスズメの個体数は1990年比で最大90%減との調査結果もあるという。どこにでもいる身近な鳥だったスズメはすでに人知れず激減しており、そこへ巨大台風の上陸数増加という要因が拍車をかければ、そう遠くない将来にスズメを見られなくなる日が来るかもしれないというわけだ。

 巨大台風とスズメの大量死の因果関係という点でも、今回の台風19号は生物学者たちから注目されている。