生殖器「のぞき」「お触り」OK サンシャイン水族館エロ推し展示

2019年10月10日 16時00分

 東京・池袋のサンシャイン水族館で現在開催中の「性いっぱい展」(11月4日まで)が話題だ。夜営業(午後6時半~10時)で、海の生き物の“性”にまつわる展示や、体感できるコンテンツが用意されている。照明を暗く落としたり、ピンクにしたり、いちいちムーディーな館内は昼と雰囲気がガラリ異なる。展示されている生き物たちの交尾の方法を解説しているが、それが面白い。

 一部を紹介すると「コリドラス」という魚のメスは、オスの生殖器に口で吸いついて、精子を飲み干すという。

 人気の「のぞきBOX」では、カニの交接(交尾)や交接器(生殖器)を間近で見られるし、「おさわりBOX」ではサメの生殖器を実際に触ってみることもできる。なんともいやらしい。また、人間のペニスのような腕が特徴のヒトデ「カワテブクロ」を前に、若い女子が「大きなイチモツっぽ~い」とはしゃいだとか、はしゃいでないとか。対して、二枚貝の「ヒメジャコガイ」のビラビラした外套膜はナニかに見えるそうだ。

 SNS映えするということで20~30代女性もターゲットにしているが、当然ながらデートでの利用も想定している。また、質問に答えるだけで「自分がどんな生き物の性に似ているか」分かってしまうパネルも設置。館内の掲示には「最も近いラブホテルはサンシャイン通り付近に御座いますよ」というご丁寧なものまで。魚のオスメスの絡み合いに感化されたら、人間の男女もすぐに実践あるべし!?

 有性生殖の生き物である以上、人間も海の生き物もエロに興味津々。今回の展示は、普段生き物に興味のない人も引き付ける魅力がある。人間から見て変わったセックスをする生き物や、デカすぎるチ●コを持つ生き物にも進化上の理由がある。すでにツイッターやインスタグラムなどで同展は話題になっている。