美智子さま早期乳がんで手術へ 気にかけておられた“あのこと”

2019年08月10日 16時00分

 上皇后美智子さま(84)が早期の乳がんと診断され、手術をされることが分かった。9日、宮内庁が公表した。同庁によると、美智子さまは7月12日の健康診断で乳腺エコー検査を受け、左胸の乳腺に腫瘤が発見された。同15日に東大病院でMRI検査したところ、悪性が疑われたため、今月2日に宮内庁病院で組織検査を行い、比較的早期の乳がんと診断された。転移の可能性は低いという。

 美智子さまは8月下旬に例年通り、上皇さまと長野県軽井沢町や群馬県草津町で静養に入る予定。体力の回復を待ち、手術は9月以降になる見通し。健康に人一倍留意していた美智子さまだが、ここ1年ほどは健康診断の結果がやや芳しくなかったとされる。テレビ関係者の話。

「宮内庁は美智子さまが健康診断を受けるたび、担当記者に数値の説明をしています。はた目から見ると、年相応の数値でしたが、宮内庁の職員は『衰えている。それでも美智子さまは国民のために尽力なされている』と強調していました」

 宮内庁職員も乳がんという病名にはショックを隠せないという。

 そんな中、あの“お騒がせ母子”に原因を求める声も上がっている。

「小室圭さんと母親の佳代さんですよ。美智子さまは初孫である眞子さまの結婚問題の行く末を危惧しており、それが心労になったのではないか?とウワサされています」(同)

 当時、美智子さまは皇居に届けられる週刊誌すべてに目を通し、眞子さま関連の記事を見ては心を痛めていたという。

 一方で、何でもかんでも小室親子のせいにするのもどうかとの声も。

「ここまでアンチが多いのは異常。特に今回の件は言いがかりでしかありません。それでも女性週刊誌なんかは、連休明けに美智子さまと小室家の話で大展開するようです」とはワイドショー関係者。

 美智子さまの心が休まる日はやって来るのか。