不景気で激安化した風俗の未来

2019年04月30日 16時10分

「平成」の31年間に、風俗業界では実にさまざまな出来事があった。風俗情報誌「俺の旅」(大洋図書)の生駒明編集長がまず指摘するのはデリヘルの誕生だ。

「1990年代、街の公衆電話には非合法のデートクラブのピンクチラシが大量に貼られていました。これに困った当局は届け出制でデリヘルを認めることにしたのです。これが98年(平成10年)でした」

 街へ出ないと遊べなかったのが、外出しなくても風俗嬢の方がやって来るという便利さでデリヘルは全国に拡大。女性も働きやすく、風俗嬢増加にもつながった。

 同時期に「おっパブ」も流行。「とにかく面白かった。あのバカバカしさはバブルの名残でしょうね。私は射精してしまって女の子に笑われた思い出がありますよ」。まだ昭和の元気さがあった時代なのだろう。

 平成中期は本番アリの裏風俗の衰退が大きな変化だった。関東では埼玉・西川口のNK流や横浜・黄金町が有名。当時、西川口ではファッションヘルス然とした店で普通に本番があったのだから驚く。

「振り返ればきっかけは2002年(平成14年)の日韓W杯なんだと思います。外国人に見られるから街はきれいにしなきゃいけない機運が高まったようで、04年(平成16年)の石原慎太郎都知事による歌舞伎町浄化作戦につながるのです」

 黄金町は05年(平成17年)に一掃。西川口も07年(平成19年)までになくなった。全国的にも飛田新地などを除き姿を消していき、裏風俗は冬の時代に突入したのだ。

 平成後期は08年(平成20年)のリーマンショックに象徴される不景気が庶民の財布を直撃。

「このころから激安風俗が流行しました。大手デリヘルが激安をウリに全国展開するようになるほど受け入れられました」

 時間は短いが1万円を切る業者も続出。それだけじゃない。客も大変だが風俗嬢も大変だった。その象徴が人妻・熟女風俗の定着だ。「不景気で彼女たち自身も働かなくてはいけないのです」

 令和にはどんな風俗がはやるのだろうか。