改元直前!データで見るオナニー今昔物語 50代でも7割は「継続中」

2019年04月28日 16時00分

 オナニー事情は、時代を映す鏡――。一度入手したエロ本を何度も何度も食い入るように見つめて使い続けたおじさんたちの青春時代。今でも「30年前にヌイたAV女優のピンナップの詳細な構図を思い出せる」という男性も多いだろう。そんな“一発入魂”は昔話で、いまや日替わりで好きなエロ動画を楽しめる。アナログからデジタルに切り替わったのが平成なら、オカズは雑誌・VHSからスマホ動画に変わった。大きく様変わりしたオナ事情をデータで振り返ってみる。

 性の情報配信ニュースレター「月刊TENGA第十一号」は「日本マスターベーション激変の30年」として、平成を振り返り、自慰を30年間続けてきた50代(アダルト)の男女200人と、イマドキの20代(ヤング)男女を比較調査した。

 20歳当時の自慰にかける費用について、ヤングの52%(1位)とアダルトの33%(2位)が「0円」と回答。一方、アダルトの46%は「1~500円」(1位)。30年前はシコるのも金がかかった。だが、いまや“エロは無料”が常識となりつつある。

 そんなオカズを20歳のころ、どこで入手していたか(複数回答)。ヤングは圧倒的に1位「インターネット」(82%)だ。2位「アダルトショップ」(9%)、3位「一般書店」(7%)、4位「友人から借りた」(5・5%)と続く。

 一方、アダルトは1位「一般書店」(58・5%)、2位「友人から借りた」(17%)、3位「自動販売機」(9%)。ネットの普及は、自宅にいながらオカズを入手できる環境を我々に与えてくれた。裏を返せば、アダルトは「エロを得るなら街に出て仲間と交流する」必要があった。現代に引きこもりが増えたのはこのせいか!? エロ本の自販機もほとんどなくなってしまった。

 20歳ごろに自慰に使っていた媒体(複数回答可)を聞くと、アダルトは「アダルト雑誌」(49%)、「VHSビデオ」(30%)、「成人漫画」(26%)、「官能小説」(24%)、「少年・成年漫画」(11%)と満遍なく経験している印象だ。

 これに対してヤングは、予想通りではあるが「スマホ」(82%)が1位。2位「成人漫画」(30・5%)、3位「官能小説」(19%)。アダルトの1位だった「アダルト雑誌」はヤングで4位(14・5%)。むしろ雑誌は4位でも健闘しているといえるのかもしれない。

 なお、女性だけに限定すると「官能小説」はヤングで27%、アダルトで36%。女性の一定数は今も昔も文字で“イク”生き物のようだ。

 ヤングは「自分が50代になっても自慰しているか」に対し、約5割が「していないと思う」と早期の現役引退を予測した。一方、50代で現在自慰をしている人は約7割。うち、20歳のころより減った人が大半を占めるものの、「変わらない」「増えた」人も全体の1割存在する。「若者よ、自分と向き合う時間はまだまだ続くぞ」ということか。

 なお「初めての自慰でオカズにしていたもの」(複数回答可)について、ヤングの1位の答えは「AV出演者」(37%)。4位(13・5%)に「2次元キャラクター」が登場するのが今どきだ。アダルトは1位「妄想上の理想の人」(33・5%)、2位「アイドル」(20・5%)、3位「俳優・女優」(18%)、4位「身近な人」(14%)、5位「AV出演者」(14%)。

 スマホを置いて、懐かしいズリネタを思い起こして脳内妄想してみてはいかが。