文大統領の狡猾作戦「トランプにノーベル平和賞を」

2019年02月20日 08時00分

 トランプ米大統領が15日の記者会見で、安倍晋三首相からノーベル平和賞に推薦されたと明かし、本当かと物議を醸した。安倍首相は否定しなかったが、「トランプ大統領が受賞すべき」と正式表明しているのは、韓国の文在寅大統領サイドだ。その言葉に隠された狙いとは?

 トランプ大統領は安倍首相がノーベル平和財団に送ったとされる書簡のコピーが手元にあるとし、「(理由は)ミサイルへの懸念が消え去り、安心感を得るようになったからだ」と話した。

 この発言を受け、18日の衆院予算委員会で安倍首相は「ノーベル賞委員会は平和賞の推薦者と被推薦者を50年間明らかにしない。この方針にのっとってコメントは差し控えたい」と否定しなかった。

 書簡は昨年6月に史上初の米朝首脳会談が行われた後、書かれたものだとみられる。トランプ大統領は「私は恐らく受賞しないだろうが、それでも構わない」と話しているが、このタイミングでノーベル平和賞の話に触れたのは、今月から始まった選考で委員会にアピールしたともいえる。

 トランプ大統領は安倍首相をダシにしたとも言えるが、同大統領を露骨にヨイショしているのが文大統領だ。大統領府報道官は18日、「文在寅大統領はトランプ大統領がノーベル平和賞を受ける資格があると考えている」と表明。「安倍首相が推薦したのか」と真贋論争のさなか、あたかも手柄を取られたくないとばかりに強調してみせた。

 文大統領は就任後、親北路線を取り、平昌五輪で南北統一チームの結成、板門店での南北首脳会談を開催し、米朝首脳会談へとつながった。昨年のノーベル平和賞選考レースでトランプ大統領、金正恩朝鮮労働党委員長とともに“有力候補”として取り沙汰されていた際も文大統領は「トランプ大統領が受け取ればいい」と、まるで自身は賞に興味がないかのような言動だった。

 韓国事情に詳しいアナリストは「トランプ大統領以上にノーベル平和賞を欲しがっているのは文大統領ですよ」と指摘する。ではなぜ、「トランプ大統領がふさわしい」と譲っているのか?

「北朝鮮交渉の主導権はアメリカ次第。文大統領は金正恩委員長とトランプ大統領の顔色をうかがいながら、自身が出しゃばれば2人の機嫌を損ねてしまう。さらにノーベル平和賞は過去の傾向から3人まとめて受賞する可能性は低い。最も可能性が高いトランプ大統領に乗っかってのダブル受賞が一番の近道と考えている」とトランプ大統領の“おこぼれ”を狙っているというワケだ。

 本心ではノーベル平和賞取りに燃えていると言われる文大統領に韓国国内では冷ややかな見方がある。韓国では2000年に金大中大統領が韓国初のノーベル賞を平和賞で受賞した。

「金大中は北朝鮮の金正日総書記との南北共同宣言が認められ、平和賞を受賞したが、後に5億ドル(約550億円)の裏金送金が発覚した。『金で買ったノーベル平和賞』とやゆされたが、文大統領も金政権と全く同じ手法を取っていて、相当な額が北朝鮮へ流れているとの疑惑が持たれている。文大統領はノーベル賞を取れば、政権基盤の安定が図れると考えているかもしれないが、反対勢力が裏金問題を徹底的に追及してくるでしょう」(同アナリスト)。ノーベル平和賞は10月に発表される予定だ。