こだわりの珍品ズラリ!東京・日本橋に「マニアコンビニ」オープン

2019年02月11日 10時00分

 数々のジャンルのマニアグッズを一堂に集めたコンビニエンスストア「マニアコンビニ」(東京都中央区日本橋)が先日、オープンした。店内の入り口には、それぞれのジャンルのマニアによる研究成果をまとめたZINE(ジン=同人誌)が並び、数多くのグッズがひしめき合っている。 

 ZINEは「片手袋マニア」「ゴムホースマニア」「公園遊具マニア」「アジアのおもちゃマニア」などがズラリ。これらは、各ジャンルのマニアが実際に足を運んで取材したものなので、資料としての価値がある。

 グッズは「おにのセロハンテープ」や「サウナイキタイTシャツ」「路上園芸ハンコ」「だれかの秘密」「お散歩用カードゲーム 散歩王」などといった特殊なラインアップだ。

「東京別視点ガイド」社長の松澤茂信さんは「もともと、半年に1回マニアの人たちを集めた『マニアフェスタ』というイベントをやっていたのですが、常設のお店ができたらいいなと思い、お店を始めました。『片手袋マニア』の方は、道に落ちている手袋の写真ばかりを撮っています。『ゴムホースマニア』の方は、ゴムホースの美しさを追求し、ゴムホースのキーホルダーやクリアファイルを作っています。食べ物系のマニアの方も来てくれているので、提供する食べ物のアドバイスも受けたいと思っています」と語る。

 店内にはバーカウンターもあり、マニアなメニューも揃っている。「醤油サイダー」(400円)や「かすていらサイダー」(500円)、「根っこ茶」(400円)、世界一まずいあめ「サルミアッキ」(350円)、日本一硬いせんべい「元祖かたやき」(400円)などがある。

 マニアコンビニは毎週日曜日だけオープンし、別視点という会社が運営。同社は「秘宝館バスツアー」や「熱海別視点ツアー」などの珍スポットを巡るツアーや様々なジャンルのマニアを集めた「別視点ナイト」というトークライブなども行っている。