TENGAが20年9月に注目発表 「男性向け医療機器」の中身は?

2019年02月01日 17時00分

バーをオープンさせた松本社長(中)

 お酒と性の話を楽しむためのバー「BAR AGNET(アグネット)」が2月14~16日の期間限定で東京・六本木にオープンする。プロデュースしたのは世界60か国で販売されるオナホールのメーカー「TENGA」だ。31日にはプレオープンイベントとして、関係者が集まった。

 このバーは、性の話をしたいのに、どこで話せばよいのか困っている人のための場だ。性の話といっても、卑猥なシモネタだけでなく、興味深い話題もある。TENGAをモチーフにしたドリンクや、性機能に効くメニューも、楽しい猥談の助けになるだろう。

 イベントでは、同社代表取締役社長の松本光一氏(51)によるTENGAの開発秘話など、性にまつわるコンテンツが目白押しだった。開運セラピストの紫月香帆氏が「2019年に性を謳歌する手相」のレクチャーなどがあった。2本の生命線を持つ人が該当するというが、松本氏は「僕は(オナニーのやり過ぎでこすれて)手相がない」とボケた。

“コンドームの達人”として男子校などでオナニーとセックスの講演を行う泌尿器科医の岩室紳也氏が「包茎の人、手を挙げて」と会場の男性陣に包茎カミングアウトを求めるハプニングも。どれだけバカな話をしても許される環境は多くの人から喜ばれるだろう。

 重大発表もあった。メインスポンサーとして2020年9月に「世界性機能学会」を日本に招致し、その場で「男性向け医療機器」を発表するという。TENGAが作る医療機器となると、遅漏・早漏の改善や、巨根化なのか?

 松本氏は本紙に「うーん。まだ詳細は言えません。ただ『TENGAが作るべきもの』とは言えます。(グッズの)TENGAと同じく楽しさもあり、フレンドリーなものです」と意味深に語った。東京五輪後の“TENGAサプライズ”に期待したい。