【レーダー照射問題】韓国との協議打ち切りは日本の“敗北”?

2019年01月22日 17時30分

 韓国の駆逐艦が日本の哨戒機に火器管制レーダーを照射した問題で、防衛省は21日、日韓の実務者協議の打ち切りを事実上表明した。謝罪を要求する傍若無人な韓国を見限るような決断だが、専門家によると、逆に今回の日本の行動はケンカの“敗北”を意味しているというのだ。背景には米朝首脳会談がある。

 防衛省は21日、韓国海軍駆逐艦が海上自衛隊のP1哨戒機に火器管制レーダーを照射したとされる問題について最終見解を発表するとともに、事案発生時に哨戒機が探知したレーダーの電波を音に変換した記録を証拠として公表した。

 日本はこれまでの実務者協議で、日本側が探知したレーダー波の情報と、駆逐艦のレーダーの使用記録を突き合わせて検証することを提案したが、韓国は断固として拒否。そればかりか「非常に無礼な要求だ」と反論し、日本を怒らせ、落胆させた。

 そんな経緯があるからか、今回の最終見解では「照射の有無について実務者協議を継続しても、真実の究明に至らない」「協議を韓国側と続けることはもはや困難」と強気に結論づけている。

 及び腰の外交が染み付いた日本にしては、なかなか思い切った決断のようにも思えるが、コリア・レポート編集長の辺真一氏は「韓国は非を絶対に認めないので、これ以上はらちが明かない。日本はサジを投げただけのこと」と指摘する。

 韓国側がレーダーの周波数を提出しないのは、辺氏によると「防衛上の機密を公開すれば駆逐艦のレーダーは二度と使えなくなる。それは損」。日本の主張を日本人の多くが支持している。しかし、韓国内でも多くの国民が自国の主張を支持。さらに、第3国が検証することもない。韓国としてはダダと屁理屈をこねておけばいいのだという。

「最初に問題提起して拳を振り上げたのは日本。その拳を下ろしたということは、日本が『終わり=負け』を示したということ。少なくとも韓国はそう受け止める」(辺氏)

 この事案がケンカだとすれば、日本はケンカに負けたことになる。

 その背景として米朝首脳会談がある。「18日に米朝首脳会談が2月下旬に開かれることが決まった。トランプ大統領はゴキゲンで、米朝関係は大きく前進することになる」(辺氏)。米朝会談の進行は、昨年から融和が進む南北朝鮮にも好影響を与える。

 辺氏は「日本は米朝・南北に置いていかれることになる。北朝鮮との間に拉致問題を抱えている日本は、韓国からも情報を借り受けなければならない。『このままレーダー照射問題で韓国とゴタゴタしていられない』。それが日本の判断だ」と話す。

 つまり、日本が出した最終見解は、韓国に対して日本側が折れたことにほかならない。スウェーデンでは現在、米朝首脳会談に向けて双方の責任者が実務協議を行った。また、この場を設けたのは韓国だとも言われている。「それを追うように、日本外務省の金杉憲治アジア大洋州局長も21日、スウェーデンの米大使館を訪れ、米国務省のビーガン北朝鮮担当特別代表から説明を受けたとみられる」(辺氏)。米朝韓の緊密な結びつきに、日本は慌てている格好だ。

 ちなみに、日本の最終見解の発表を受けた韓国国防省は「深い遺憾の意を表明する。(音声記録は)実体不詳の機械音だ」とバカにしたような声明を出した。一方で、防衛省は「日韓・日米韓の防衛協力の継続へ向けて真摯に努力していく考えです」と発表し、韓国側の対応次第で再び協議に応じる可能性に含みを持たせたが…。「こんな状況で日韓が協力できるものか」(辺氏)というのが普通の考えだろう。