マニア垂ぜん!の蒸気&電気機関車 東京・西東京市の車両基地に突如出現のワケ

2019年01月19日 17時00分

保谷車両基地に出現した蒸気機関車

 西武池袋線の保谷車両基地(西東京市)の隣接地に、蒸気機関車と旧型の電気機関車が“出現”し話題になっている。突然のことで、鉄道マニアや懐古マニアたちが“保谷参り”を始めている。

 近所に住む40代男性は「昨年12月のことです。近所を散歩していたら、蒸気機関車と電気機関車が置かれていたんです。びっくりしました。あわてて家に戻ってカメラを持って来ました。しかも、どちらもまだ動かせそうでピカピカの状態。自分は鉄道マニアで小学生のころから鉄道の写真を撮っていますが、こんなことは初めてです。家の近所ですし。復活させるのでしょうか?」と話す。

 ベテランの鉄道マニアによると、この蒸気機関車は、1896年に英国ナスミス・ウィルソン社が製造した1B1タンク機で、現在の新宿線の前身となる川越鉄道が導入したものだという。開業当時、川越鉄道は甲武鉄道(のちのJR中央線)が経営管理をしており、甲武鉄道K1形と同形となる本機を採用したと伝えられている。西武鉄道では、多摩川線で1957年9月の同線無煙化まで活躍していた。

 電気機関車は、武蔵野鉄道が池袋~所沢間を電化する際、1923年に米国ウェスティングハウス・エレクトリック社で新製して輸入した3両のうちの1両で、戦前はデキカ10形を名乗っていた。しかし、1927年に出力で2割増しの新鋭車両が導入されたことによって第一線を退いている。廃車となったのは1973年のことだった。

 今となっては、どちらの車両も大変貴重な鉄道遺産だ。

 西武鉄道広報部は「修復して復活させる予定はないです。点検をしたときにシートを外したものがそのままになっているだけです」と話した。

 しかし、近年では、JRや地方の私鉄が蒸気機関車を復活させ、観光列車として走らせて収益を上げている。鉄道マニアたちが「復活するのではないか?」と思っても不思議ではない。