豊洲市場初競りで飛び出した!「すしざんまい」過去最高額マグロ3億3360万円

2019年01月05日 17時00分

3億3360万円のクロマグロは豊洲市場から築地のすしざんまい本店に運び込まれた。木村社長はお得意の「すしざんまい!」ポーズ

 昨年10月に築地(東京都中央区)から豊洲(江東区)に移転した東京中央卸売市場で、初めてとなる新年初競りが5日早朝行われた。注目の最高値マグロは、青森県大間産クロマグロ(本マグロ)278キロ(1キロ当たり120万円)で、3億3360万円で落札された。過去最高額でド派手に競り落としたのは、すしチェーン「すしざんまい」を展開するつきじ喜代村(東京)だった。昨年の落札はライバルに譲っていただけに、豊洲では絶対に負けられなかった。

 記念すべき「豊洲の初競り」で歴史に名を刻んだのは「すしざんまい」のつきじ喜代村(木村清社長)だった。注目の最高値マグロは278キロの青森県大間産クロマグロで3億3360万円(1キロ当たり120万円)。東京の中央卸売市場で記録が残る1999年以降、最も高値となった。

 これまでの過去最高額は、同じく喜代村が2013年に競り落とした222キロの大間産クロマグロの1億5540万円(1キロ当たり70万円)だった。倍以上の額となったことに、木村社長は「ちょっとやりすぎちゃった。でもいいマグロが買えたので。1番はいいんじゃないですか。鮮度抜群! お客さんにマグロを食べて鋭気をつけてもらいたい」と意気揚々と語った。

 喜代村にとって負けられない戦いだった。12年から6年連続で最高値を落札。絶対覇者として君臨していたが、築地最後となった昨年に波乱が起きた。

 仲卸業者「やま幸」(東京、山口幸隆代表)が405キロの大間産クロマグロを3645万円(1キロ当たり9万円)の最高値で落札したのだ。一方、喜代村は3040万円(1キロ当たり16万円)で、キロ当たり単価で最も高いマグロを競り落とした。木村社長は量より質を取ったと主張するも「築地最後の一番」と7連覇を逃したとあっては名折れだ。

 それだけに、豊洲の初競りでは、「やま幸」のマグロを買い取ったすし店「銀座おのでら」(東京、小野寺裕司社長)が連覇を狙えば、木村社長も一番マグロ取りを宣言。他の業者も虎視眈々と初競りへの参加を表明していた。

 初競りが開始される直前、木村社長は「(豊洲でも築地でも気持ちは)変わらない。いいマグロを買う! ポイントはわかんないなー。おいしいやつ! 去年なんて最高値が出ちゃって。高値なんてダメよ!」とジョーク交じりに語っていた。番組収録で訪れたTOKIOのリーダー城島茂(48)から「いいマグロが出ることを願うばかりですね」とプレゼントの大福を贈られていた。

 ホッとした様子の木村社長は「3000~6000万円くらいかなと思ってたら、5倍。これから頑張らないと」と今後へ向けて意気込み、このマグロを釣った漁師に「いいマグロをとってくれましたね。でもあいさつがないの!『買ってくれてありがとうございました』とか。前はあったんですけどね。感謝の念がないと。僕らもとってくれた漁師さんに感謝しているしね」とボヤいてみせた。

 注目イベントだけにトラブルもあった。約50人の見学客のうち、2人の外国人が誤って取材エリアに乱入。東京都職員が激怒し、外国人を追いかけてきた市場スタッフに「なんで警備員が止めないの?」と怒鳴り散らす場面もあった。そんな怒りもおいしいマグロの前ではどこへやら。超高額のクロマグロはすしざんまいの全店舗で提供される。