不正融資横行のスルガ銀行存続危機も 過酷営業ノルマ要求・恫喝が日常茶飯事

2018年09月08日 17時00分

 シェアハウスをめぐるスルガ銀行(静岡県沼津市)の不正融資問題を調査していた第三者委員会が7日、組織ぐるみの不正を認定する調査結果を報告した。

 報告書によると、同行では通帳の預金額の改ざんなど書類の偽装が蔓延し、営業部の圧力を受けて審査部門が機能せず、不適切な融資が横行していたという。経営陣も利益を重視するあまり、それを黙認してきた。

 銀行といえばお堅いイメージだが、スルガの現場はヤクザ映画も顔負けの荒々しさだった。第三者委員会の中村直人委員長は、過酷な営業ノルマを要求されるため「プレッシャーが非常に強かった。『数字ができないならビルから飛び降りろ!』と言われた。上司の机の前に起立して恫喝される。机を殴る蹴るもあった」と報告。

 ほかにも「首をつかまれ壁に押し当てられ、顔の横の壁を殴られた」「『死んでも頑張ります』と言ったところ『それなら死んでみろ』と返された」「上司に『お前の家族皆殺しにしてやる』と脅された」などの恫喝が日常茶飯事だったことを明かした。

 同日、スルガ銀行も記者会見を開催。一連の問題の責任を取り、創業家出身の岡野光喜会長(73)をはじめ、米山明広社長(52)ら役員5人の退任を発表し、有国三知男取締役(52)が社長に昇格する人事を発表した。

 銀行関係者は「誰よりも先に頭を下げなきゃいけない岡野氏が会見に同席しないのはおかしい。これでスルガの体質が変わるとは思えない」と指摘。岡野氏には今回の問題とは別に、十数億円規模の資金流用疑惑が浮上しているだけに、報道陣の追及から“逃げた”と思われても仕方がない。

 金融庁は第三者委員会の調査結果をもとに、同行の不動産融資業務の一部停止命令など厳しい処分を科す方針。スルガにとっては死活問題だけに、存続を危ぶまれる事態に発展しそうだ。