英国で発売された“勃起ビール”の至れり尽くせり

2018年08月21日 07時30分

 先日、ポーランドで膣内乳酸菌を配合したビールが登場して話題になったことは本紙既報だが、今度は英国で、飲めば飲むほど男性の性的なパフォーマンスが高まるとされる“勃起ビール”が開発された。

 そのビールは、イングランド南部ドーセット州の州都ドーチェスターに拠点を構える醸造所「サーン・アバス・ブリューワリー」が発売した「ウォータークレス・ウォーリアー」。ボトルのラベルには、男根がそそり立つ戦士の絵があしらわれており、いかにも効果がありそうだ。

 ちなみにウォータークレスとはクレソンのことで、その名の通りホップとクレソンの種、そして醸造所付近から湧き出る天然温泉水を使った、シトラス風味とホップを利かせたピルスナータイプのビールだ。

 醸造所は「クレソンには性的衝動を増幅させるといわれるビタミンA、B、C、Eが豊富に含まれています。また、このビールには早漏予防に効果があるとされるフィトエストロゲンも多量に配合されており、ベッドの上での持久力を高めてくれます。さらに、通常のビールより鉄分も豊富で、勃起力にとって重要な赤血球の増加と血液循環を促進する効能もあります」と主張している。

 加えて醸造所の付近には「サーン・アバスの巨人」と呼ばれる、中世に描かれたとされる男性器をそそり立たせた男の地上絵が残されており、妊娠を望むカップルや女性が訪れるパワースポットになっている。ボトルのラベルに描かれた巨根の男性像こそがこの巨人であり、その御利益にもあやかっている。

 現地での発売価格は500ミリリットルのボトルで3ポンド(約430円)。男性にとってセックスの前の飲みすぎは禁物だが、このビールなら問題なし!?