台風12号で花火大会が次々中止 出番を失った数千発どうなる

2018年07月28日 12時00分

毎年、多くの人が訪れる隅田川花火大会

 強い台風12号が28日午後にも関東に接近するのに伴い、都内では週末に予定されていた花火大会の延期や中止が相次いだ。直前の中止で数千発以上にも及ぶ花火はどうなるのか?

 立川まつり国営昭和記念公園花火大会実行委員会は28日に昭和記念公園で予定していた花火大会の中止を決定した。また同日行われる八王子花火大会も中止。ともに翌日以降に順延もしない。

 立川花火大会は60回記念で、過去最大規模の6000発を打ち上げる予定だった。実行委員会は「26日午前7時に気象予報士のスタッフも交えた会議で、28日だけでなく29日も台風の影響で、開催は難しいと判断し、中止を決定した。早めに判断した」と話す。

 使われなくなった花火はどうするのか?

「現時点では決定していないが、特注でウチの花火大会のために作ってもらっていて、ほかのところにというワケにもいかない。火薬は使用期限があって、来年というワケにもいかない。処分することになるのでは」(同委員会)

 花火は買い取りのため、花火業者が損をすることはなく、運営側も保険などに加入しているケースが多く、丸々損害を被るというワケではないようだ。

 一方で、花火大会では地元企業を中心に運営のために協賛金が集められる。立川花火大会の場合は協賛金は一切返金されない契約で、多額の協賛金を納めた業者や個人は泣かざるを得ない事態だ。また花火大会での来場者を見込んでいた周辺の店舗や出店は当てが外れ、有料観覧席だけは全額払い戻しとなる。

 2万発が打ち上げられる隅田川花火大会はどうなるのか? 実行委員会は開催予定日前日の27日、28日の花火大会を翌29日に順延すると発表した。29日に実施するかどうかは28日午後6時にツイッター公式アカウントで発表するとしている。

 関係者は「隅田川花火大会はテレビ中継などもあり、かかっているお金が莫大。台風が来るからといっても簡単に中止にはできない事情があるんでしょう」と話す。発表まで気をもむことになる。