村上春樹 4月に3年ぶり長編小説刊行が決定

2013年02月16日 14時05分

 文藝春秋は16日、公式ホームページ上で世界的にも評価の高い人気作家・村上春樹氏(64)の書き下ろし長編小説を今年4月に刊行すると発表した。

 

 村上氏の長編刊行は2010年4月に発表された「1Q84 BOOK 3」以来3年ぶり。詳細に関しては同社は「順次お知らせします」と書いている。

 

 小説「ノルウェイの森」「ねじまき鳥クロニクル」などで知られる村上氏は海外でも評価が高く、フランツ・カフカ賞、エルサレム賞など国際的な文学賞も受賞。ノーベル文学賞の有力候補にもたびたび挙げられている。

 

 待ちに待った長編小説の発表に、村上作品のファン“ハルキスト”たちも「どんな話だろう!わくわく」「待ってました」などツイッター上で喜びの声を上げている。