開場迫った豊洲市場に致命的欠陥?

2018年06月13日 08時00分

 10月に開場する豊洲市場(東京都江東区)に整備予定の観光拠点「千客万来施設」の着工が2020年東京五輪・パラリンピック後になることについて、東京都は11日、地元の江東区議会に経緯を説明した。区議からはこうした方針になったことの事前連絡がなかったことや、小池百合子知事自身が説明に来ないことへの反発の声が上がった。

 千客万来施設は江東区が市場受け入れの条件としている。事業者の「万葉倶楽部」(神奈川県小田原市)は小池知事が築地市場跡地を「食のテーマパーク」として整備する方針を示したことで競合を懸念。同社は、5月28日まで着工意思を明確にしていなかったが、同30日に小池知事が万葉の幹部と面会、同31日に一転して五輪後の着工を表明した。

 ところが今になって豊洲市場に致命的欠陥が見つかって、市場関係者から「またしても、延期せざるを得ない」という声が上がっている。

「豊洲は冷蔵庫からトラックに直接運び込むことを想定して設計しており、荷物の積み下ろしを短縮するために流通業界の主流になっているウイング型トラックの使用が困難なことが分かったんです。たとえ開場しても、作業が大幅遅延するのは目に見えている。欠陥を改善しない限り、延期するしかありませんよ」

 かつては魚の鮮度をキープするために、冷蔵庫内にトラックが入り、後方の扉を開いて、荷さばきをしていた。しかし現在では荷台の側面扉が開くウイング型トラックが主流になっている。フォークリフトを使って素早く、大量に荷さばきできるからだ。

「築地市場は鉄道輸送時代に造られたので設計が古いのは仕方ないですが、豊洲市場の設計プランもすでに時代遅れなんです。物流の主流であるウイング型トラックの荷台が建物の屋根に引っかかったりするようです」(同)

 開場まで約4か月。問題をクリアできるのか?