米朝会談“ご破算”余波 「約束破り」「暴言」に米国が怒 北は逆ギレで再びミサイル!?

2018年05月25日 17時00分

トランプ氏が正恩氏に宛てた会談中止の書簡(ロイター)

 トランプ米大統領は24日、ホワイトハウスで声明を発表し、米朝首脳会談を中止したのは北朝鮮や世界にとって「大きな後退だ」と失望感を表明した。米政府高官は中止の理由について、北朝鮮側が米側との面会予定場所に現れないなど約束破りを繰り返したと記者団に述べ、非難した。6月12日にシンガポールで予定されていた米朝首脳会談は、ホワイトハウスが北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長に宛てた書簡を24日に公表し、中止が明らかに。実現すれば史上初だった米朝2トップ会談。その“ご破算”余波は――。

 中止通告の理由についてトランプ氏は、北朝鮮側の「敵対的な言動」を理由に挙げた。北朝鮮が核保有国としての対等な立場を譲らず、非核化に向けた交渉で対立が埋まらなかったとみられる。

 さらにトランプ氏は書簡で、「(北朝鮮は)自国の核兵器の能力を語るが、私たちの核兵器は非常に大きく強力だ。使われないように神に祈っている」とコメント。「世界、特に北朝鮮は平和と繁栄を得るチャンスを失った」とし「歴史上の実に悲しむべき瞬間だ」と述べた。

 北朝鮮は24日、北東部豊渓里の核実験場で坑道などを爆破、全面廃棄を発表したばかりだった。これについても米高官は同日、廃棄式典に検証作業を行う専門家を招いておらず、廃棄したとする主張が事実かどうか不明だと疑問を呈した。

 廃棄式典に専門家を招かなかったことも「約束破り」の一つとも一部で報じられた。ホワイトハウス当局者は北朝鮮が「我々と会談場で会うのか、核対核の対決場で会うのかは米国次第だ」とペンス副大統領に対して暴言めいた非難を行ったことが会談中止を決断するきっかけとなったと述べたという。

 いずれにせよ、米朝関係が再び緊張するのは必至。北朝鮮の金桂冠第1外務次官は25日の談話で、「朝鮮半島はもちろん、世界の平和と安定を願う人類の念願に合わない決定だ」と指摘した。「我々はいつでも向かい合って問題を解決する用意がある」ともしているが、北朝鮮情勢に詳しい関係者は言う。

「北朝鮮が“逆ギレ”し、ミサイル発射など挑発を再開する可能性がある。キレ方次第では軍事衝突の可能性も出てきた。元のもくあみで、関係修復には時間がかかるでしょう」

 米統合参謀本部のマッケンジー中将は同日の記者会見で、北朝鮮がミサイル発射などの軍事挑発に踏み切った場合、日韓など同盟国と緊密に連携して対応する用意があると強調した。北朝鮮による挑発の可能性については「推測しない」としつつ、米軍は「戦う準備ができている」と話した。

 一方、開催地として選ばれていたシンガポールでは、受け入れの準備を進めていた関係者が戸惑いを隠さなかった。

 市街地のホテルは今月から予約が集中、会談場所として取り沙汰されていた「シャングリラ・ホテル」や「マリーナ・ベイ・サンズ」は早い時期に満室となった。多くのホテルが返金に応じないことを予約の条件とし、需要の急増に対応。ネット上には「得をしたのはホテルだけだ」とのコメントも。

 シンガポール政府は世界中から会談の取材に訪れる記者の受け入れ準備も進めていた。中止の報道に担当者は「なんとも言えない。このまま様子を見るしかない」と戸惑う。別の同国当局者は「準備を進めていた同僚が本当に気の毒だ」と話す。

 中止発表に先立ち、米国では政府系機関が記念コインを鋳造していたことが今週明らかになり、波紋を呼んでいた。米朝両首脳が向かい合う顔や両国の国旗が描かれているコイン。正恩氏には「最高のリーダー」との言葉が刻まれているが、引き締まった顔つきで頭部が前傾気味のトランプ氏に比べて、二重になってゆるんだアゴの描きぶりも注目されていた。

 この政府系機関は軍事部門の所属で、ホワイトハウスは鋳造に関して無関係の立場であることを公表している。首脳会談中止で、コインの行方も気になるところ。

 訪米してトランプ氏と会談したばかりの韓国の文在寅大統領は25日、米朝会談中止に「当惑しており、非常に遺憾だ」と表明した。米朝会談への仲介役を自任してきた文政権は当面、対応に苦慮しそうだ。

 トランプ氏の「ノーベル平和賞受賞」どころでもなくなってきた朝鮮半島情勢。各地で困惑が広がっている。