残業130時間・テレ朝プロデューサー過労死認定

2018年05月17日 17時00分

 テレビ朝日(東京都港区)でドラマを担当していたプロデューサーの50代男性が、2015年2月に心不全で死亡したのは長時間労働による過労死だったとして、三田労働基準監督署が同年に労災認定していたことが16日、分かった。

 同署は、男性が労働時間の制限を受けない「管理監督者」に当たるとする一方、月に約130時間に及んだ時間外労働(残業)と死亡の因果関係を認めた。テレビ局職員の過労を巡っては、13年にNHK女性記者(31=当時)が過労死したことが判明している。

 男性は1980年代に全国朝日放送(現テレビ朝日)に入社。時代劇や刑事ものの連続ドラマなどを手掛けた。関係者によると、13年7月、出張中にホテルで狭心症を発症。病院に搬送されて一命は取り留めたが、低酸素状態による脳障害が残ると診断された。

 同署は、狭心症発症前の3か月の残業が約70~130時間に達し、過労死ラインとされる月80時間を超えていたことを確認、14年10月に労災と認めた。男性は療養を続けていたが、15年2月に心不全で死亡。同署は長時間労働との因果関係を認めて過労死と認定した。

 テレ朝は「過労死認定されたことは極めて重く受け止めています。現在、全社をあげて有給休暇取得の奨励など、働き方改革に取り組んでおり、社員の命と健康を守るための対策をより一層進めてまいります」とコメントした。