北が解放の米国人3人が帰国へ トランプ大統領への引き換え要求は

2018年05月10日 17時00分

トランプ大統領(ロイター)

 北朝鮮が拘束していた米国人3人を9日に解放したことについて、トランプ米大統領は6月初旬までに開催される米朝首脳会談に「肯定的な影響を及ぼすだろう」と述べた。同日に行われた韓国・文在寅大統領との電話会談での話だ。

 解放されたのは、2015年10月にスパイ容疑で拘束されたドンチョル・キム氏、昨年4~5月に「敵対行為」で相次いで拘束された平壌科学技術大の教授のサンドク・キム氏と運営関係者のハクソン・キム氏。訪朝していたポンペオ米国務長官が3人とともに北朝鮮の首都平壌を同日離れ、在日米軍横田基地を経て日本時間10日午後の米ワシントン到着が見込まれる。

 トランプ氏は3人がいずれも健康だとして、解放への文氏の協力に謝意を示した。また、報道陣を前に、米朝首脳会談の開催地を3日以内に発表するとした上で、南北軍事境界線がある板門店は会場候補地から除外されたことを明らかにした。

 史上初の首脳会談は実現の可能性が高まっている模様。それに先立ち、米朝の懸案事項の一つだった拘束米国人が解放された。北朝鮮情勢に詳しい関係者は「3人の解放は首脳会談前に対米カードとして切ってくるのは予想されていた。会談への地ならしはこれでできた形ですが、それと引き換えに米側が何をのまされたのかがポイント。歴史的成果の裏で北朝鮮が何を要求しているのか、会談後に明らかになるのでは」とみる。

 会談への“障害”は一つクリアしたが、会場については4月の会見でトランプ氏が「気に入っている」と述べた板門店での開催案は消滅。政権内には、中立性の高い第三国で行うのが望ましいとの意見が出ていた。これまでシンガポールやスイスなどが取り沙汰されてきたが、どこに落ち着くのか。