フリーのFWカバーニがレアル・マドリードに〝逆オファー〟の思惑 CL制覇に意欲

2022年08月02日 15時05分

カバーニ(ロイター)
カバーニ(ロイター)

 イングランド・プレミアリーグの名門マンチェスター・ユナイテッドを退団したウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニ(35)がスペイン1部レアル・マドリードに〝逆オファー〟したと、同国メディア「todofichajes」が伝えている。

 契約満了でフリーとなったカバーニには多くのクラブからオファーが届いている中、スペインクラブへの加入を希望。中でもかつてフランス1部パリ・サンジェルマンで師弟関係にあったウナイ・エメリ監督率いるビリャレアル入りが最有力視されているが、同メディアによると「彼の希望はレアル・マドリードに行くことだ」という。

「35歳の選手はキャリアの最後に欧州で最高タイトル(CL)を手にしたいと考えており、Rマドリードに移籍できれば、確率が高まることを知っている」とし「彼はエージェントを通じて直接オファーを出し、Rマドリードが決断するのを待っている」と報じた。

 Rマドリードは昨季リーグ得点王のフランス代表FWカリム・ベンゼマの〝代役〟が最大の補強ポイントと一部メディアで指摘されており、カバーニはまさに適任。今後の動向が注目だ。

関連タグ: