マンU退団報道のC・ロナウド プライベート機を33億円で売却へ…今夏の去就に関連か

2022年07月05日 19時35分

去就が注目されるC・ロナウド(ロイター)
去就が注目されるC・ロナウド(ロイター)

 イングランド・プレミアリグのマンチェスター・ユナイテッド退団が報じられているポルトガル代表FWクリスチアーノ・ロナウド(37)が保有する2000万ポンド(約33億円)のプライベートジェットを売りに出したと、英紙「サン」が伝えている。

 C・ロナウドは2015年にプライベートジェットとして「ガルフストリームG200」を2000万ポンドで購入。最大10人収容でWi―Fiに接続可能とし、オーブンと冷蔵庫を完備。自身が使用していない時はレンタルに出しているという。

 同紙は「パートナーのジョルジーナ・ロドリゲスや子供たちと一緒にヨーロッパ中を休暇で飛び回ることが多い」「定期的に(母国)ポルトガルを往復するために航空機を使用する」と伝える一方で「飛行機は10人まで着席できるが、CR7(C・ロナウドの愛称)には小さすぎるため、より大きなモデルを探している」と説明した。

 マンU退団を決意したと報じられ、イングランド・プレミアリーグのチェルシーやスペイン1部バルセロナ、ドイツ1部バイエルン・ミュンヘン入りがささやかれる中で発覚したプライベートジェットの売却。大人数が乗れる機体を求めているとみられるが、今夏の去就との関連が気になるところだ。

関連タグ: