PSG対Rマドリードが再激突!エムバペが獲得をリクエストのチュアメニをめぐって争奪戦か

2022年05月23日 13時21分

オーレリアン・チュアメニ(ロイター)
オーレリアン・チュアメニ(ロイター)

 スペイン1部レアル・マドリードと再激突! フランス1部パリ・サンジェルマン(PSG)残留を決めた同国代表FWキリアン・エムバぺ(23)がクラブに援軍獲得を求めたと、英メディア「90MIN」が伝えている。

 同メディアによると、フランス残留でチーム編成にも意見をいえるようになったエムバペは欧州チャンピオンズリーグ制覇を実現するため、PSG経営陣に対してフランス1部モナコに所属する同国代表のチームメートMFオーレリアン・チュアメニ(22)の獲得を要請。この申し出をPSGのナセル・アルケライフィ会長は快諾し、同選手の代理人とコンタクトを取ったという。

 売り出し中のチュアメニについて、モナコは移籍金を8000万ユーロ(約107億2000万円)以上に設定しているが、かねて同選手の獲得にはRマドリードが積極的に動いており、2番手はイングランド・プレミアリーグのリバプールと報じられている。

 そんな中、フランス代表エースのリクエストでPSGが獲得レースに本格参戦。両クラブはエムバペをめぐって因縁が深まっており、今度はチュアメニの獲得で再激突は必至な情勢。サッカー界が注目する2つのビッグクラブは果たしてどんな〝戦い〟を繰り広げるだろうか。

関連タグ: