レアル「エムバペ&ハーランド獲得」失敗時の “保険” に…マンCのMFデブルイネ指名=現地報道

2022年04月11日 20時15分

MFデブルイネはマンCの大黒柱だが…(ロイター)
MFデブルイネはマンCの大黒柱だが…(ロイター)

 スペイン1部レアル・マドリードが今夏の移籍市場で、イングランド・プレミアリーグのマンチェスター・シティーに所属するベルギー代表MFケビン・デブルイネ(30)の獲得に動く可能性が出てきた。

 Rマドリードは今夏にフランス代表FWキリアン・エムバペ(パリ・サンジェルマン)とノルウェー代表FWエーリングブラウト・ハーランド(ドルトムント)の獲得を目指しているが、両者ともまだ合意には至っておらず一部では交渉の難航も指摘されている。

 そこで両者の獲得に失敗した場合を想定し〝第三の男〟に白羽の矢を立てた。スペインメディア「トードフィチャージェス」は「Rマドリードは攻撃ラインを強化することを考えているが、ハーランドの獲得は事実上不可能であり、エムバペは契約延長もありえるので、他の方法を模索する時が来た。それがデブルイネだ」と報じた。

 そして「彼は攻撃的MFのポジションで最高の一人であり、長い間白いジャージーを着ることを夢見ている」とデブルイネがRマドリード入りを熱望していると指摘。さらに「親しい友人であるFWアザールとGKクルトワが彼を説得するだろう」とRマドリードに所属するベルギー代表の盟友2人が加入を後押しするとの見解を示した。

 デブルイネは〝世界最強軍団〟のマンチェスターCを支える大黒柱。大物の去就に注目が集まりそうだ。

関連タグ: