サッカー・ウクライナ代表が母国の諜報機関を支援 ウクライナ報道

2022年03月18日 16時36分

アンドリー・ヤルモレンコ(ロイター)
アンドリー・ヤルモレンコ(ロイター)

 イングランド・プレミアリーグ、ウェストハムのウクライナ代表FWアンドリー・ヤルモレンコが、ロシアから侵攻される母国の諜報機関を手助けした。

 ウクライナ「スポーツ・アリーナ」によると、ヤルモレコが育ったチェルニーヒウの地方軍民政権トップ、バチェスラフ・チャウス氏は自身のフェイスブックのページで、「アンドリー・ヤルモレンコが彼の街を助けてくれたことにとても感謝しる。私が今持っているこれらのものは、私たちの偵察員へ渡ります。彼らが今本当に必要としているものです。アンドレイ、ありがとうございました」と報告。軍の諜報機関にヤルモレンコの支援が渡るという。

 すでに、300万グリブナ(約1200万円)をウクライナ軍に寄付したことが明らかになっているヤルモレンコ。17日の欧州リーグでは、スペイン1部セビージャと対戦。決勝弾を決めウェストハムの8強入りに貢献した。

 母国への思いが活躍につながっているようだ。

関連タグ: