W杯予選はロシア不戦敗、ウクライナは試合延期 FIFAが決断

2022年03月09日 11時01分

FIFAの決定は波紋を呼びそうだ(ロイター)
FIFAの決定は波紋を呼びそうだ(ロイター)

 国際サッカー連盟(FIFA)は8日(日本時間9日)、ロシアからの侵攻されているウクライナが敵地で臨む予定だったカタールW杯欧州予選プレーオフ準決勝(24日)のスコットランド戦を6月に延期すると発表した。それにともなってウェールズ―オーストリアの勝者とW杯出場権をかけて争う試合も6月にずれ込む。

 英「BBC」によると、元スコットランド代表でアシスタント・マネジャーを務めていたマーク・マギー氏は「それは正しい決断だと思う。そこで何が起きているのか。そしてウクライナの選手にどのような影響を与えるのかを尊重しなければならない。現時点で試合に参加するのは少し不公平だ」という。

 また、欧州予選プレーオフ準決勝で24日にポーランドと対戦予定だったロシアは不戦敗にすることが決まった。FIFAはロシアに対して主催大会への出場禁止を決定しているためで、不戦勝となったポーランドは29日に出場権をかけてスウェーデン―チェコの勝者と対戦。W杯本大会の組み合わせ抽選は4月1日に行われる。

関連タグ: