本田圭佑 ロシア軍のウクライナ侵攻に悲痛な思い表明「もう他人事じゃない」

2022年02月25日 07時45分

本田圭佑(東スポWeb)
本田圭佑(東スポWeb)

 元日本代表MF本田圭佑(35)が、ロシア軍によるウクライナ侵攻に関して自身のツイッターで危機感をあらわにした。
 24日夜の投稿で本田は「戦争が始まった。人が死ぬ。子供も死ぬ。もう他人事じゃない。日本だっていつまで安全かなんてわからない。今後は中国がどうでるか」と中国の動きも懸念した。日本は中国とは尖閣諸島を巡る領土問題を抱えており、それを念頭に置いた投稿と見られる。

 24日昼にはツイッターに23日の投稿を踏まえて「ロシア派でもないし、ウクライナにも友達がいるわけで、読解力がない人たちのためにもう一回言うけど、僕はただウクライナが譲歩しないと戦争が起こると思うっていう話をしてます」とつづった。

 23日には「プーチン大統領の記者会見を見たけど、もうウクライナがNATOへの参加拒否するしかないなという感想。僕が知ってるロシアのリーダーってのはここからの交渉は一切通用しない。『解決のために窓口は開いてる』というのはウクライナがNATOへ参加しないという1択しか受け付けない窓口やと思ってる」と私見を表明していた。

関連タグ: