ドルトムントのハーランドはロングヘアがお気に入り SNS上の断髪要請に「ノー」と一蹴

2022年01月10日 16時00分

ロングヘアで躍動するハーランド(ロイター)
ロングヘアで躍動するハーランド(ロイター)

 欧州ビッグクラブ間で争奪戦が繰り広げられているドイツ1部ドルトムントのノルウェー代表FWエーリングブラウト・ハーランド(21)が断髪を拒否した。

 ハーランドを巡っては、スペイン1部のレアル・マドリードやバルセロナをはじめ、イングランド・プレミアリーグのマンチェスター・シティーやフランス1部パリ・サンジェルマンといった資金力豊富なクラブも虎視眈々だ。ドルトムントも残留に動くなど、今オフの動きが注目される中、一部ではロングとなった髪型も注目されている。

 オーストリア1部ザルツブルクから2020年1月にドルトムントに移籍した当初はサイドを刈り上げたヘアスタイルだったが、今ではすっかり伸びている。それがうっとうしいと見える者もいるようでSNSに「髪を切れ、髪を切れ、髪を切れ…」と同じフレーズを繰り返した投稿もあったが、本人は自身のツイッターでこれを引用して「ノー」と一刀両断した。

 今はロングヘアがお気に入り。今後はどこまで伸ばしていくのだろうか。

関連タグ: