Rマドリードのアザールが3部クラブのサポから嘲笑 試合中に肥大化を指摘するチャント

2022年01月08日 17時18分

エデン・アザール(ロイター)
エデン・アザール(ロイター)

 スペイン1部レアル・マドリードのベルギー代表MFエデン・アザール(31)が、3部クラブのサポーターからの嘲笑の対象となってしまった。

 Rマドリードは5日に3部アルコヤーノとのスペイン国王杯3回戦に3―1で勝利。この一戦で注目されたのは、先発したアザールだった。スペインメディア「デポルテスクアトロ」によると、目立った活躍もなく無得点だったが、アルコヤーノサポーターは試合中に「アザルは太ってる~、フォスキトス(チョコレート菓子)のように膨らんで~」と繰り返し歌っていたという。

 イングランド・プレミアリーグのチェルシーから2019年夏にRマドリードに加入したが、期待通りのプレーを見せておらず、今季もその流れは変わっていない。自他ともに認めるハンバーガーや菓子パン好きがたたっての体重増が原因とも指摘されてきたが、ついに3部クラブサポーターにもあざ笑われてしまった格好だ。

関連タグ: