ハーランド獲得費用は約400億円か バルセロナが最有力=スペイン紙

2022年01月06日 13時11分

争奪戦になっているハーランド(ロイター)
争奪戦になっているハーランド(ロイター)

 夏に大争奪戦になることが確実視されているドイツ1部ドルトムントに所属するノルウェー代表FWエーリングブラウト・ハーランド(21)の獲得費用は、総額3億ユーロ(約393億円)に達すると、スペイン紙「ムンドデポルティボ」が伝えている。

 欧州ビッグクラブが熱視線を注ぐハーランドは2022年夏の移籍を検討しており、スペイン1部バルセロナを筆頭に同1部レアル・マドリードやフランス1部パリ・サンジェルマン、イングランド・プレミアリーグのチェルシーやマンチェスター・シティーが大争奪戦を繰り広げるとみられている。

 同紙によると「ハーランドを望む人たちは誰でも3億ユーロを準備しなければならない」と、巨額資金が必要になるという。ドルトムントに支払う移籍金が7500万ユーロ(約98億3000万円)で、敏腕代理人のミノ・ライオラ氏と父親のアルフインゲ・ハーランド氏への手数料が2000万ユーロ(約26億2000万円)になると指摘する。

 その上でハーランドが求める年俸はシーズン当たり3000万(約39億3000万円)~3500万ユーロ(約45億9000万円)で6年契約で総額は約2億ユーロ(約262億円)となり、合計で約3億ユーロというわけだ。

 現時点でハーランドはスペイン行きを希望しているため、バルセロナが新天地の最有力候補とみられているが、果たして大金を準備できるクラブはあるのだろうか。

関連タグ:
 

ピックアップ