レアル・マドリードからスポンサー撤退へ! 今季で契約満了のアウディが「更新しない」とクラブに通告

2022年01月02日 14時01分

フロレンティーノ・ペレス会長(ロイター)
フロレンティーノ・ペレス会長(ロイター)

 スペイン1部レアル・マドリードを支援している世界的自動車メーカー「アウディ」が今季限りでスポンサーから撤退する可能性が出てきた。

 同国メディア「デフェンサセントラル」は、2003年からRマドリードのスポンサーを務めてきたアウディ社は2022年6月末で満了となる契約を「更新する予定がない」と報道。すでにRマドリードから契約更新に向けた条件案を提示されていた中、契約延長しない方針をクラブ側にも通達したという。

 同メディアは「ドイツの会社(アウディ社)は他の分野でも広告投資に関心を持っている。他のスポーツキャンペーンにも投資しているアウディにとってサッカーはもはや優先事項ではない。最近、自動車会社はダカールのためにスペインのチームを立ち上げることを決定した」とも伝えている。

 Rマドリードは新スタジアムの建設もあって来季に向けた新チームのプロジェクトを早期に確立するため、各種スポンサーとの契約を急いでいた。同メディアは「交渉の状況について(クラブとアウディ社の)意見が一致していない」と、交渉の余地は残されているというものの、撤退は確実とみられており、Rマドリードにとっては大きな痛手となりそうだ。

関連タグ: